函館から江差へ! ノスタルジーを感じる、落ちついた街並みと海が出迎えてくれました[2016年11月 函館旅行記 その12]

広告

函館旅行記。

2日目は、江差へと向かいます。

しかしこれが意外と大変な道のりだったのでした。

江差への交通は?

江差といえば、有名なのがにしん。

そして、江差追分や松前漬けなども有名ですね。

函館駅から江差までは、以前はJR線が通っていたのですが、2014年に廃線となり今では交通機関はバスのみとなります。

函館駅ー江差間の直通バスでの所要時間は2時間ほど。

だいたい3時間に一本ほど出ています。

ということで、乗り遅れには注意が必要ですね。

函館から鉄道やバスで木古内というところ出てそこからバスを使う方法もあります。

函館から木古内までは電車で1時間ほど。

木古内から江差までは約1時間半です。

また3月〜10月からの観光シーズンになると、函館から江差や松前をめぐる周遊バスなども出ているのでそちらを利用すると非常に便利ですね。

今回は11月だったので、残念ながら周遊バスは使えずだったので、路線バスで2時間ほどの旅でした。

ちなみに、函館から車を使うと、だいたい1時間半くらい。

ただし、かなり山道になるので、運転に自信がない方はやめておいたほうが無難かと思います。

江差の街並み

江差に着くと、ちょっとタイムスリップしたかのような落ちついた街並みが広がります。

古い建物も数多く残っていて、ノスタルジーを感じますね。

歩道が石畳状になっているのもおしゃれ。

そして、海側に出るとこの景色。

函館戦争の時には、ここに軍艦が並ぶわけです。

観光シーズンも過ぎた11月は、人もほとんどいなくて、とてもゆったりと過ごせますよ。

広告



本日のまとめ

函館から片道2時間かけて向かった江差。

落ちついた、ノスタルジーを感じる街並みで、すぐにこの街が好きになりました。

春や夏にはまた違った景色を見せてくれそうですね。

こんな旅行はいかがですか

白河の街をぶらり散策 「白河ハリストス正教会」の美しさに圧巻&ご当地ヒーローや戊辰戦争地らしい看板なども楽しい街並み[2016年10月 郡山・白河旅行記 その10]

京都伏見 酒蔵が並ぶちょっとレトロな街並みでのんびり散策はいかが?[2016年3月 京都旅行記4]

郡山から白河へ 白河城と白河そばが名物ののんびりした街並みが素敵でした 2日目ダイジェスト[2016年10月郡山・白河プチ旅行記]

江差を観光するならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事