「ラッキーピエロ(ベイエリア本店)」函館のソウルフードといえばこれ!名物のチャイニーズチキンバーガーはここでしか食べられない逸品です![2016年11月 函館旅行記 その5]

広告

函館といえばコレ!

人気ロックバンドGLAYのメンバーが紹介したことで一気に全国区になった函館のご当地ハンバーガーチェーン「ラッキーピエロ」。

函館のソウルフードとも言えるお店で名物の「チャイニーズチキンバーガー」をいただいてきました。

お店について

「ラッキーピエロ」は函館市内に17店舗展開されているハンバーガーチェーン店。

チェーン店ではありますが、

  • 地産地消にこだわった食材
  • 冷凍ものを使用しない
  • 作り置きをせず、常にできたてを提供
  • 各店舗で違ったメニュー展開
  • 大都市などには出店せず、函館地区のみで営業

というお店です。

ロックバンドGLAYのベーシストJIROさんが著書やラジオで紹介したことで、GLAYファンから一気に全国区になったラッキーピエロ。

メンバーも何度も来店しているというのがこちらベイエリア本店とのこと。

ラッキーピエロは店舗によってお店の外観が全然違うんです。

ベイエリア本店はこんな感じ。

中は鏡張りになっているボックス席が中心で、ゆっくりとくつろげるようになっています。

メニューはこちら

店舗によって展開されるメニューも違うのがラッキーピエロの特徴の一つ。

ハンバーガーの他に、カレーもあるんですね。

丼などのメニューもあるんです。

そしてラッキーピエロの名物の一つが「ラキポテ」。

ソフトクリームなどの甘味メニューも充実。

シルクのような滑らかなソフトクリーム「シルクソフト」もあるんですね。

いただいたものはこちら

まずはビールにて乾杯。

ビールはバドワイザーです。

チェーン店でビールが飲めるのが嬉しいところ。

そして、名物のラキポテ。

分厚いポテトに、ホワイトソースとミートソースがかかっているんです。

これは反則技(笑)

ポテトが進むみます。

猫舌の人は要注意ですね。

ポテトとビールをいただきながら待つこと約10分ほど。

番号で呼ばれ、カウンターに取りに行きます。

できたてほやほや。

今回注文したのは、人気ナンバーワンの品「チャイニーズチキンバーガー」。

マヨネーズが苦手なので抜いてもらいました。

これが、その品!

バンズの間には、たっぷりのレタスとその間にごろりと大きな唐揚げが。

ちょっとピリ辛の甘酢ダレをまとっているチキンがたっぷりと入っています。

マヨネーズ入りの通常バージョンは、甘酢ダレをマイルドにしてくれるそうです。

そして、これがまたすごい厚さ!!

ここは遠慮せず、大口を開けて、がぶりといただくのがポイントです。

揚げたての熱々、しかも肉厚ジューシーで、かじると肉汁が溢れます。

いや〜これはビールが進みます。

バンズには、健康食品としても有名な「キヌア」が含まれて入れるということで、フカフカ&もちもちしていて、これまた絶妙。

ちなみに、食べにくいという人には、お皿&ナイフとフォークでいただくこともできるそうですよ。

本日のまとめ

函館のソウルフードとも言える「ラッキーピエロ」の名物「チャイニーズチキンバーガー」。

大きな口を開けてガブリ。

北海道がぎゅーっと詰まった、手作りのおいしいハンバーガーでした。

店舗限定の他のバーガーもぜひ食べてみたいです!

店舗詳細

関連ランキング:ハンバーガー | 末広町駅(函館)十字街駅大町駅

ラッキーピエロに負けないおいしいハンバーガーなら

「SHAKE SHACK(東京国際フォーラム店)」ニューヨーカー愛用の肉厚&牛肉がぎゅーっと詰まったしっかりパテのハンバーガー

「the 3rd Burger」お手頃価格で、体に優しいハンバーガーが食べられるお店 アルコールセットもあるよ

モスバーガーの「ソイパティ」ファーストフードが食べたいけどヘルシーも欲しい人にピッタリ!

ラッキーピエロの味が家でも!

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事