「金鵄正宗 特別純米(京都)」手造りで丁寧に醸された、ふわりとした香りとキレな上品な日本酒

広告

日本酒は、お米と水、米麹のみのシンプルな飲料。

そのため、水の影響が大きいのです。

 

京都の伏見はたくさんの酒蔵が集まる、名水で有名な土地。

 

その伏見のお酒「金鵄正宗 特別純米」のご紹介です。

 

お酒について

京都伏見にあるキンシ正宗さんが醸すお酒。

1781年に京都中京区にて創業し、1880年に伏見に移転。

京都町屋麦酒という地ビールも製造している蔵元さんです。

 

f:id:alu_nagara:20160409201425j:plain

 今回は「金鵄正宗 特別純米」という、五百万石という酒造好適米を60%まで磨いたお酒。

まず、青リンゴのような香りがほんのり。

そして、米の旨みが控えめに広がります。

飲み口は柔らかく、すーっと入っていきます。

そして、スッキリとしたキレ。

 

2014,2015年と2年連続で「純米酒大賞特別純米酒部門で金賞を受賞しているそうですよ。

 

私としては冷がオススメ。

ですが、どんな飲み方でも楽しめるお酒です。

 

 

 

合わせる肴は

シンプルなお酒なので、シンプルな料理とともに。

揚げ出し豆腐

f:id:alu_nagara:20160409202140j:plain

薄味の出汁と一緒に。

 

魚の塩焼き

f:id:alu_nagara:20160409202235j:plain

特に白身魚などをシンプルに塩焼きにていかがでしょうか。

 

広告



本日のまとめ

京都伏見の水は日本の中でも軟水なので、柔らかいお酒が多いのですが、柔らかい中にも旨みとキレを感じるお酒。

 

京料理とも相性ピッタリです!

 

こちらも合わせていかがですか

「米鶴 かっぱ 特別純米 超辛口(山形県)」旨みがあり、マイルドながらキレが抜群なお酒

「天寶一 純米酒 千本錦(広島)」柔らかい飲み口ながら、白ワインのような旨味も感じるお酒

高知「美丈夫 特別純米酒」 常温やぬる燗がオススメ、涼しくなった日の晩酌にピッタリのやわらかなお酒

ぐびぐび飲める食中酒 北陸新幹線開業で話題の石川県の美味しい日本酒「五凛 石川門 純米生酒」

旨みと香りの絶妙なバランス!ずーっと飲んでいたいお酒「南 無濾過 純米中取り(高知)」

 

贈答用にもピッタリなんです

 

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事