「土方歳三函館記念館(土方・啄木浪漫館)」 土方歳三や函館戦争についての展示が豊富で気分は幕末へ![2016年11月 函館旅行記 その3]

広告

函館旅行記。

函館といえば戊辰戦争の集結地であり、新選組副長土方歳三の最期の地でもあった場所。

ということで、朝ごはんを食べてまず向かったのが、「土方歳三函館記念館」。

函館の海に面したこの施設の中にはたくさんの収蔵品が並んでいました。

土方歳三函館記念館について

函館駅から、バスをつかって約10分。

「啄木小公園」というバス停で降りたらすぐ反対側に、記念館はあります。

建物の1階が「土方歳三函館記念館」、2階が「石川啄木函館記念館」となっています。

石川啄木も最期をこの函館で迎え、一族のお墓も函館にあるんですね。

ということで、この記念館になったということ。

外からもわかりやすいような外観となっています。

中に入ると、歳三さんの像がお出迎え。

どうもヤンキーに見えるような・・・(笑)

ここから先の館内は残念ながら撮影禁止。

中には、

  • 土方歳三が欲していた美濃二代目兼定「之定」の長刀と短刀
  • 土方歳三の掛け軸(として伝えられている掛け軸)
  • 復元された土方歳三の鉢金と鎖頭巾の兜
  • 復元された沖田総司の手紙
  • 復元された新選組組長たちの武器
  • 函館戦争の貴重な資料である「麦叢録付図」
  • 当時使用されていたリボルバー拳銃や鎧

などなど、新選組や函館戦争の歴史を知ることができるようになっています。

2階では、石川啄木の歌やその生涯を知ることができたり、なんと「石川啄木のロボット」が話しかけてくれたりするという、またちょっと違った雰囲気を味わうことができますよ。

外の自動販売機も新選組仕様になっていて、テンションがあがりますね。

建物の目の前は海。

土方さんも啄木さんもこの海を眺めていたのでしょうか。

ふと海を眺めながら、それぞれの時代に想いを馳せたのでした。

本日のまとめ

函館の海の側に建つ記念館。

そこへ入ると、たくさんの資料や展示物があり、一気に幕末へとタイプスリップしたような感覚になります。

両方の記念館が楽しめるのも嬉しいスポットです。

広告



スポット詳細

土方歳三ゆかりのスポットならこちらも

「土方歳三資料館」土方歳三の子孫の私設資料館 直筆手紙、鎖帷子や期間限定で愛刀の展示も

「日野宿本陣」江戸末期の現存する 新選組の息吹を感じる天然理心流道場のあった場所

「旅籠茶屋 池田屋 はなの舞」池田屋事件の舞台は居酒屋に! 新選組ファンは必訪 遊び心満載のお店

函館観光ならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事