「藤駒本店」生そば&茶そばを6種類の薬味で楽しめる超豪華「合盛割子そば」は必食です![2016年10月 郡山・白河旅行記 その9]

広告

郡山・白河旅行記。

白河の街をぶらぶらしていてお腹が空いたのでちょっと遅めのランチへ。

白河の名物の一つに「蕎麦」があります。

美味しいお蕎麦を求めてやってきたのが「藤駒本店」さんです。

お店について

白河は「日本四大そば」の一つとしてあげられる蕎麦の名産地で、古くは江戸の松平定信公が藩主だった頃からお蕎麦を作り始めたそうです。

そして、このお店「藤駒本店」さんは、なんとその頃からやっているお店で創業200余年という超老舗。

お店は白河駅から大通りを歩いて10分ちょっとくらいのところにあります。

広い駐車場も完備。

ちなみに大通り沿いは、駐車場からの入口で、長い廊下を通って店内に入る形。

こちらが大通りから一本入ったところにある正面玄関です。

一階は広々としたテーブル席。

そして小上がりの座敷もあるので、お子様連れにも安心。

2階は宴会もできるような広々とした座敷席があるとのこと。

ガラスの向こうがわでは、そば打ちの名技が見られます。

メニューはこちら

老舗とはいえ、お手頃な値段でお蕎麦をいただくことができます。

一品料理も充実しているので、蕎麦屋で一杯・・・なーんていいですよね。

そして、こちらのお店の名物は、なんといっても「合盛割子そば」と天ぷらがついた「天割そば」です。

広告



いただいたものはこちら

本日いただいたのは「合盛割子そば」。

待つことしばし、お盆にのって登場したのがこちら。

生そばと茶そばの2種類が、それぞれ器に3つずつ分けられて乗っていて、手前には6個の薬味。

全部広げるとこんな感じです。

なんて豪華!!

もみじおろし、山菜、なめこ、とろろ、いくらおろしなど6種類。

(1種類ド忘れしてます)

食べ方は、蕎麦の上に薬味を全部あけて、その上からそばつゆをかけるという方法。

そばつゆはちょっと甘めの東北らしい味付け。

「どちらに何をかけようか」というのでも迷ってしまいますね。

最後は蕎麦湯で〆。

ちなみに積み上げるとこんな感じでした。

重ねると爽快(笑)

見た目では量が少ないのでは?と思いきや、しっかりとざる一杯分はお蕎麦をいたただいた感覚で満腹に。

見た目にも華やかな、美味しいお蕎麦でした。

本日のまとめ

白河名物のお蕎麦。

色とりどりの薬味と2種類のお蕎麦を楽しめるというちょっと贅沢なお蕎麦でした。

そういえば、皇室の紀宮様も来店されて、お蕎麦を召し上がったとのことで、来店時のお写真がレジのところに飾られていました。

皇室の方と同じものを食べることができたということですね。

白河観光の際には是非お寄りあれ!

店舗詳細

関連ランキング:そば(蕎麦) | 白河駅

全国美味しい物食べ歩きはこちらも

「会津食彩蔵河内屋」レトロな建物で会津名物のボリューム満点「ソースカツ丼」が食べられるお店

「伊豆高原ビール本店レストラン」超大盛りの海鮮丼がスゴイ!伊豆高原の地ビールと新鮮海鮮が楽しめるお店[2016年6月伊豆旅行記 3]

「徳島魚一番 新」美味しいお酒と阿波の素材&料理を食べるならココ![2016年7月 徳島・高知旅行記 その3]

白河ラーメンも名物です

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事