ストリートアカデミーで「テーブル茶道体験」正座なし テーブル&イスでお茶を点てる「テーブル茶道」を体験してみた!

広告

最近「日本の文化」が特に好きになってきました。

「和楽器」然り、「和食」然り。

色々なものがありますが、敷居が高いな〜と思ってしまうものの一つ「茶道」。

そんな茶道ですが、正座もせず、テーブルとイスの状況「テーブル茶道」というのがあるとのこと。

そんな茶道を体験出来る講座があるということで、早速行ってきました!

テーブル茶道って?

その名の通り、イスに座りテーブルの上で、お点前をするスタイルが「テーブル茶道」と言われるもの。

f:id:alu_nagara:20160603161336j:plain

講師の神林先生は、もともと「宗徧流」という流派で茶道をされていて、その後「流派にとらわれずに誰にでもできる」というテーブル茶道を始められたそうです。

正座の必要もなく、道具も最低限のものを揃えればいいので、気軽にできるのが特徴です。

 講座の様子

今回の講座の生徒さんは私を含めて3人。

みんな女性で初めて茶道をする、というメンバー。

まずは先生から、茶道の流派などの説明、テーブル茶道の作法などの説明などがあります。

こちらはお客側のセッティング。

f:id:alu_nagara:20160603161403j:plain

手前にあるのが、折りたたみ式の前掛けのような道具。

ポケットの部分には、懐紙が入っていますが、通常洋服だと懐紙を入れる場所がないので、特注して作ってもらったというすごいアイテムです。

説明の後は、早速お茶席のスタート。

テーブルの席ではありますが、通常の茶道と同じようなマナーがあります。

まず和菓子をいただきますが、この大皿からそれぞれ取り分けていきます。

f:id:alu_nagara:20160603161626j:plain

「正客」と言われる、上座に座った方から、懐紙に載せていきます。

f:id:alu_nagara:20160603161721j:plain

この時には、次に取る方に向かって「お先にいただきます」と言ったり、言われた方は会釈をしたりという感じ。

この和菓子は、「紅花」をモチーフに作られたもの。

染料や食用油にも使われる花ですね。

f:id:alu_nagara:20160603161837j:plain

黄色とオレンジのビタミンカラーで、お客様が元気になってほしいという「亭主(お茶席の主人のこと)」の思いが込められています。

お茶は和菓子を食べた後に戴くので、この和菓子を食べている間に、まずは先生がお点前を披露してくれました。

その所作の美しさ。

そして、凛とした空気が漂います。

思わず見とれて、写真どころじゃありませんでした(笑)

お茶の飲み方も教わりつつ、まずは一服。

この時にも、「お先に頂戴いたします」や、「結構なお点前でございました」などのマナーがあるんですね。

勉強になります。

その後は、私たちが自分で自分用にお茶を点てます。

本当は、袱紗を使って、道具を清める所作もあるのですが、今回は体験ということなので、お点前のみをやっていきます。

その和菓子がこちら。

f:id:alu_nagara:20160603163007j:plain

こちらも自分用に懐紙に取っていきます。

この時期は、紅葉のお菓子も緑色。

これが、秋のお茶席ですと、赤などに色づくとのこと。

f:id:alu_nagara:20160603163041j:plain

和菓子からも感じる四季も茶道の楽しみの一つです。

こちらがお点前のセッティング。

f:id:alu_nagara:20160603163214j:plain

何と言っても特徴は、茶釜ではなく、水筒(少々見切れていますが)を使ってお湯を入れていくということ。

身近にある道具で、お点前ができるのです。

そして、これが人生初で点てたお抹茶。

f:id:alu_nagara:20160603163431j:plain

「皆さん、初めてとのことですが、なかなか上手ですよ〜」と先生に褒めていただきました!

f:id:alu_nagara:20160603163509j:plain

このお点前を2回やって、講座は終了。

緊張感がありながらも、終始穏やかな雰囲気でした。

広告



本日のまとめ

敷居が高そうで、未知の世界だった茶道ですが、この「テーブル茶道」なら一気に敷居が下がって、素敵な体験ができました。

「ちょっとだけ非日常の空間」が体験できるこの講座。

また是非参加してみたいと思います。

和菓子も本当に美味しかったです!

今回体験した講座はこちら

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事