「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2」90年代のあの漫画達の原画などの展示物がズラリ勢ぞろいで胸熱!

広告

いくつになってもマンガは私たちにとってのヒーロー。

「週刊少年ジャンプ」が創刊50周年を記念して、六本木ヒルズにある「森アーツギャラリー」で2018年3月19日から6月17日まで開催されている「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」に、行ってきました。

イベントについて

イベントは、3つの期間によって、vol.1〜3の3つに分かれています。

現在開催されているのが、「VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」というもの。

その名の通り、週刊少年ジャンプが最高発部数を誇っていた時代。

私も地元に唯一あるコンビニで、朝一で毎週買いに行っていた時代だったりします(笑)。

ということで、懐かしさ満載の作品がずらりと並びます。

「ドラゴンボール」「るろうに剣心」「ろくでなしBLUES」『幽☆遊☆白書」「SLAM DUNK」「封神演義」などなど。

いや〜もう青春時代そのものですね。

会場の様子

会場は、森ビル52階にある「森アーツギャラリー」。

館内は写真はNG。

中に入ると、まずはオープニング映像でお出迎えしてくれます。

ここは一度しか見られないので、お見逃しがないようにどうぞ。

中に入ると、各作品ごとにいろいろなブースが展開されています。

「こち亀」ではおなじみの派出所があったり、グッズ化されたものの展示があったり、アニメ化された作品のオープニング映像が流れていたり。

中でもやはりすごいのは、生原稿の展示。

なんと、約30cmほどの近さで見ることができるんです。

ホワイトの入れ方とか、ベタの部分のペンの跡とかも生々しいんですね。

いや〜ほんとこれがすごくて、いつまでも見ていたい感じです。

中には写真撮影OKのゾーンもあります。

これが653万部突破の時のジャンプの表紙。

こちらも巨大ジャンプ表紙。

展示の最後の方には、当時連載をされていた先生方が、ジャンプ展に寄せたコメントがずらり。

しかも、先生によっては、直筆のサインやイラストが描かれているという嬉しすぎるおまけまで!

展示の最後では、来場者記念として、ステッカーを1人1枚もらうことができます。

全部で9種類あるとのこと。

私はジョジョが表紙のものをいただきました♪

そのあとは、このジャンプ展だけで展開されているスペシャルグッズが販売されいてる売店へ。

一度外に出るともう戻ってこられないので、お買い逃しがないようにどうぞ。

思わずあれこれと買ってしまいますが、カードも使うことができるのでご安心を(笑)

所要時間は2時間ほど。

是非時間をかけてゆっくりと見てくださいね。

広告



本日のまとめ

ジャンプを愛する方々には是非見て欲しい展示がたくさん。

前半と後半でまた展示物も変わるそうなので、もう一度見に行きたいな〜と思っています。

ちなみに隣のカフェでは、コラボカフェもありますので、こちらも是非。

コラボカフェの様子はこちら

イベント詳細

こんなイベントもいきました

リラックマ × TOWER RECORDS CAFE 『キイロイトリダイアリーカフェ』 料理も席にもインテリアにもリラックマたちがいっぱい!のコラボカフェ

「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」に行ってきた! T.M.Rと東京ジョイポリスのコラボイベントの様子をレポート[その1 館内レポ]

「東京ミチテラス2015」混雑必至の東京駅ライトアップイベント 穴場スポットはココ!

一部グッズはWEBでも買えます


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事