いざ函館へ! 朝一の便は共同運行でAIRDO機。機内から北海道を感じられる快適なフライトでした[2016年11月 函館旅行記 その1]

広告

2016年11月に2泊3日で行った函館の旅。

今回初めての函館。

相変わらず半分は趣味にまみれた旅となりますが、是非ともお付き合いを。

今回の旅行のプランについて

今回はANAの航空券+宿泊の「旅作」というプランを使いました。

航空券は往復の日にちと時間が選べ(時間帯によっては追加料金もあり)、宿泊日数が自由に選択できるのがポイント。

2泊3日の旅行で、1泊はこの旅作のホテルにし、もう1泊は自分たちで探したホテルにすることにしました。

というのは、どうしても湯の川温泉で宿を取りたかったのですが、このプランでは湯の川温泉のホテルで気に入ったものがなかったのですね。

ということで、別途、湯の川温泉のホテルはじゃらんから取ったのでした。

二度手間ではあるけれども、往復航空券を取り、宿を取るよりはかなり格安に。

ちなみにこの時の朝一の便はこの時は2000円ほどプラスでした。

朝一の便でいざ函館へ!

ということで、朝も早くから羽田空港へ。

羽田空港から函館空港まで1時間20分のフライト。

羽田を朝6:50に出発すると、8:10には到着します。

こんな時間なので、羽田空港とはいえ、開いているお店が殆どない!!

ということで、羽田空港ではご飯を捨て、函館でご飯を食べることに。

朝一の飛行機ということで、AIRDOさんとの共同運行。

機体はAIRDOの機体です。

せっかくANAでチケットを取ってるのにまったく意味がないという気持ちもなくはないですが、そこはぐっとこらえつつ。

ま、快適な空の旅は変わらないのでよしとしましょう。

飛行機で一番好きなのはやはり普段見ることができないこの景色。

特に北へ向かう飛行機の眺めはまた格別です。(個人的感想)

機体がAIRDOということは、乗務員さんも機内サービスもAIRDOのもの。

ということで、無料サービスのドリンクは、このようなAIRDOのキャラクター「ベア・ドゥ」がプリントされています。

北海道の路線を担当しているということもあり、提供されるドリンク類や販売されているお土産品もずらりと北海道のものが並びます。

ちなみにこのドリンクは「じゃがバタースープ」。

ANAやJALではコンソメスープなので、こういうものは初めて!!

その他の無料ドリンクには、北海道の有名珈琲店のコーヒーや、北海道のフルーツを使ったグレープジュース、りんごジュースもあります。

ワインも函館ワイン。

ビールもサッポロクラシック。

随所にこだわりがあって、ステキだなぁと思います。

機内からすでに北海道を感じられる素敵なフライトとなりました。

広告



本日のまとめ

初めて乗ったAIRDOの飛行機。

機内サービスにも北海道が満載で、大満足。

そして函館へ無事ついたのですが、函館空港の写真を撮り忘れていたのでした・・・。

羽田空港あれこれ

「羽田空港」イートイン&テイクアウトグルメのオススメ店はこちら!

羽田空港限定「穴守おこわいなり」飛行機の旅には空弁!プチサイズが女性にピッタリ

色々な施設が充実のアミューズメントパーク?羽田空港「こんなものがあるBEST5」はコレ!

函館行くならこちらも

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事