「天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽」大浴場付きのちょっとリッチなビジネスホテル 旅館風の部屋でのんびり[2016年8月 札幌・小樽旅行記 その18]

広告

小樽はやはり観光地だけあって、色々なホテルがあります。

その中でも、小樽駅の目の前にあって、観光にも便利なビジネスホテル「天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽」に泊まりました。

まずはホテルの設備からご紹介します。

ホテルについて

ホテルは小樽駅から徒歩1分のところにあります。

小樽駅を出ると目の前に坂の横にホテルが見えるんです。

駅の付近には、ドラッグストアやコンビニなどもあって便利。

広々としたロビーには、おしゃれなソファなども並びます。

ホテルの内装は旅館みたいな感じで、夜だとこんな雰囲気になります。

部屋の様子

今回は友人と一緒だったのでツインルームの部屋です。

こちらが部屋。

ゆったりとしたソファ。

2人で並んで座れます。

テレビ台の下に、ポットや水などが置いてあります。

ペットボトルの水もサービス。

コーヒーのほか、ハーブティーがあるのもプチ豪華。

ガラスのティーカップもおしゃれです。

ベットはシングルサイズで、広さはないですが、十分。

枕元の電燈のところには、コンセントもあり、スマホの充電にも便利。

エアコンのスイッチもここにあります。

クローゼットは、オープンクローゼット。

2人でも十分なサイズです。

かかっているのは館内着。

浴衣ではなく、パンツ付きのタイプ。

館内はこちらで過ごして大丈夫ということ。

こういう配慮も嬉しいです。

タオルもここに。

フェイスタオルは持ち帰りできるタイプ。

また、館内はスリッパで移動することもでき、ホテルというよりは旅館みたいなタイプですね。

クローゼットの反対側には、小さいデスク。

鏡などもここに置いてあります。

部屋の手前には水回りがあります。

この洗面台の横には、アコーディオンカーテンがあるので、同伴者にも気を使わず過ごせるのがポイント。

部屋の構造上ではあると思いますが、洗面台の下に冷蔵庫があるのも面白いですね。

洗面台の向かいが、トイレとシャワールーム。

このホテルには、男女ともに、15:00〜10:00まで入れる温泉大浴場があるので、これで十分。

大浴場は、よくある時間制ではないので、いつでもお風呂に入れるのも嬉しいところ。

中は、外風呂、サウナなども充実してましたよ。

広告



本日のまとめ

ゆったりとした館内着や、大浴場。

まるで温泉旅館のような、充実のホテル。

このホテルさらに、夜食や朝食もすごいんです。

夜食についてはこちら

いくらてんこ盛りの海鮮丼が作れる朝食バイキングはこちら

駅目の前で利便性も抜群のホテル

こんなホテルにも泊まってます

札幌「 ホテルリリーフ札幌すすきの 」おしゃれでスタイリッシュ まるでカフェみたいなデザイナーズホテル

「仙台ジョイテルホテル」仙台大観音のすぐ隣 仙台を見下ろす小高い丘にたつホテル

高知「リッチモンドホテル高知」ひろめ市場にも近いアーケード街にあるアクセスも設備も充実なホテル

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事