箱館戦争の激戦地でもあった函館のシンボル五稜郭へ! 旅行3日目 ダイジェスト[2016年11月函館・江差旅行記]

広告

函館・江差の旅の3日目。

この日は1日函館観光をし、空路で羽田まで戻ります。

3日目の旅の様子

なんと、函館では、雪が舞っていました。

積もるほどではなかったのですが、その景色にびっくり。

旅館の仲居さんは「冬が来たってことですね〜」としみじみ。

湯の川温泉を後にし、まずは函館駅へ。

駅から15分ほど歩いたところにある「一本木関門」へ。

20161107_001

諸説あるのですが、「土方歳三最期の地」として知られています。

そこに建てられている碑。

2016-11-06-10-38-50

全国からファンの方が訪れているということで、たくさんのお花が供えられていました。

そして五稜郭へ移動。

2016-11-06-11-32-08

ここには、函館奉行所が再現されています。

中も見学ができ、当時の様子や、再現の工事の様子などが展示されています。

2016-11-06-11-42-22

そしてその五稜郭に隣接しているのがこちらの「五稜郭タワー」。

2016-11-06-12-37-03

このタワーから五稜郭を見下ろすと、要塞であった五稜郭の形がよくわかります。

2016-11-06-12-46-15

ランチは、函館名物の五島軒さんのカレー。

2016-11-06-13-32-57

こちらのカレーの元になったものを作った方は、戊辰戦争で幕府軍として戦っていた方なんですね。

デザートにはジェラート。

2016-11-06-14-22-09

その後は空港へ。

お土産などを買ったり、空港内を探索。

2016-11-06-18-15-29

最後は、サッポロのビールで乾杯です。

2016-11-06-18-24-41

そんなこんなで函館を後にし、羽田へ。

ずっと訪れたかった函館。

念願叶って、メジャーな所からマイナーな所まで色々な所に行くことができました。

またスポットやグルメについて、書いていこうと思います。

新選組名所はこちらも

「佐藤彦五郎新選組資料館」佐藤彦五郎の子孫の私設資料館 直筆手紙や愛刀など超貴重な展示品の数々 [日野めぐりその2]

会津「東山温泉街」新選組副長 土方歳三が戦傷を癒した岩風呂がある のどかな温泉街[スポット・旅行]

京都伏見「伏見奉行所跡」鳥羽伏見の戦いで幕府軍が本陣を構えた場所[2016年3月京都旅行記2]

伏見「御香宮神社」伏見の七名水の一つが湧く 豊臣家、徳川家や戊辰戦争にも深く関わった歴史ある神社[2016年3月京都旅行記1]

「宇都宮城址 」戊辰戦争で焼けたお城の櫓と城壁が復元されている広い芝生公園[スポット・宇都宮旅行記2]

広告



函館名物ならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事