「ゆりあげ港朝市」格安で買える獲れたての新鮮魚介類は、その場で手ぶらで炭火焼できるんです! [2016年6月宮城旅行記 6]

広告

ゆりあげ港朝市に来ています。

そんな市場のもう一つの名物が、獲れたて新鮮の魚介類をセルフの炭火焼スペースで焼けることなんです。

売っているものは

市場では、前回紹介したように、閖上港などで獲れたての魚介類がいっぱい売っています。

ちなみに、まるまる大きい魚は、お店の人に、捌いてもらうこともできるようです。

20161015_009

干物などもあります。

20161015_001

もちろん、持って帰って料理もできますが、すぐに食べられるように、ボイルされたり、アルミ容器に入っているものも売っています。

20161015_003

中には「まぐろの心臓」なんて、結構レアなものも。

お店の人も「これは珍しいよ〜おすすめ!」と勧めてくれました。

20161015_005

ちなみに、牛タンなどの肉も売っていたりします。

20161015_010

もちろん、箸とお皿も、ちゃーんと販売しています。

しかも一人用10円という格安!

20161015_004

気軽に手ぶらでバーベキューを楽しめちゃうんです。

炭火焼スペースの様子

市場の広場のような広いスペースにあるのが、炭火と網のある焼き場。

20161015_007

こんな燒き場が、いくつか置いてあります。

もちろん、スペースが限られているので、知らない方々と相席のような形にはなります。

20161015_008

私たちも空きスペースにお邪魔して、炭火焼をいただくことに。

ちなみに、ちゃんとかかりの人がいて、牡蠣の殻などは、絶妙のタイミングで剥いでくれるんです。

20161015_006

こーんなにプリプリとした牡蠣、食べたことありません。

20161015_012

こちらは、まぐろの心臓。

20161015_011

レバーのような食感はありつつも、全然臭みがなくって、おいしかったです。

一緒の焼き場にいる人同士で、交流が生まれるのも、こういう場所ならでは。

「◯◯がおいしかったから食べた方がいいよ!」とか、

大きいお魚を

「食べきれないので、よければ一緒に食べませんか」と言ってくれたり。

こうして、もうもうとした煙と、美味しい魚介と、楽しいおしゃべりとともに、時間は過ぎて行ったのでした。

本日のまとめ

新鮮な魚介類をその場で焼いて食べられるという、最高に贅沢な時間。

手ぶらで来て、さっと焼いて帰る、という手軽さも嬉しい所。

美味しい海鮮丼に、バーベキュー、そして、色々なものが揃う市場。

日曜日の朝、ちょっと足を伸ばして、遊びにいってみてはいかがでしょうか。

スポット詳細

宮城のあれこれ書いてます

仙台観光なら観光スポットを巡る「るーぷる仙台」がオススメ!運転手さんのトークが絶妙!

松島に宿泊すると、絶景の海から昇る朝日がみられる特典がもれなく付いてくるんです!

宮城松島「松島紅葉ライトアップ2015」瑞巌寺洞窟群は幻想な空間が広がる、パワースポット

「飛龍 純米大吟醸(宮城)」2015年に発売されたばかり 世界を視野に入れた究極の食中酒

「日高見 吟醸酒(宮城)」メロンのような香り、スッキリとした喉越しの日本酒 お魚料理とどうぞ

宮城の海産物ならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事