「井上清吉商店」で酒蔵見学 その2 実際に酒造りの現場を生で感じられた貴重な体験をしました[スポット・宇都宮旅行記5]

広告

「井上清吉商店」で酒蔵見学の様子その2。

 

その1はこちら

ではいよいよ、実際に酒造りをされている現場の様子です。

 

蔵内の様子

いよいよ蔵内へ。

この向こうでお酒が造られているんです。

f:id:alu_nagara:20160412142427j:plain

 

タンクや様々な道具が並ぶ蔵内。

高い天井で、ひんやりとします。

f:id:alu_nagara:20160412142522j:plain

 

お米は、ネットに入れられ、きちんと分量が測ってあります。

f:id:alu_nagara:20160412142501j:plain

ここから洗米やらお水に浸したりをするわけですが、その日の温度や湿度などに応じて、お水の分量や浸ける時間なども変動させます。

細かなデータがノートに記されていました。

 

こちらが蒸し器。

ちょっと分かりづらいですが、後ろの黒いのがお湯が入っている釜です。

f:id:alu_nagara:20160412142858j:plain

こちらを、あの釜の上に乗せてお米を蒸しあげます。

 

2階部分にあるのが、麹室。

f:id:alu_nagara:20160412143045j:plain

 

なんと!

麹室の中も見学させてくれるというのです。

 

麹室はお酒の味を決める、大事な工程。

温度や湿度の管理が重要な工程で、通常一般人は入ることがない部分です。

(前回行った蔵元さんでも麹室は見れなかったので・・・)

 

きちんと消毒してから中に入ります。

f:id:alu_nagara:20160412143209j:plain

 

下の階で精米、蒸し上がったお米に、麹菌を振りかけて「麹」を造る工程。

全体に綺麗に麹菌がまわるように、板状になってます。

f:id:alu_nagara:20160412143359j:plain

 

通常は麹菌が繁殖しやすいように、湿度や温度が高めのようなのですが、こちらは乾燥も送風機が回っていて、涼しい感じ。

なので、こちらの麹は、わりとサラサラとした麹でした。

f:id:alu_nagara:20160412143646j:plain

 

「触って食べてもいいですよ〜」ということでしたので、一掴み。

本当にサラサラしていて、びっくりです。

f:id:alu_nagara:20160412143744j:plain

味は普通の蒸した米の味でした(笑)

芯が残っていてやや硬かったですが…。

 

ちなみに蒸米にかける、麹菌がこちら。

f:id:alu_nagara:20160412185151j:plain

これを通常は、ふるいで振りかけたりするんですが、こちらの蔵ではオリジナルの道具を使ってました。

今では、色んな蔵でパクられているとか…(笑)

 

酵母のアンプルも見せていただきました。

f:id:alu_nagara:20160412185218j:plain

 

 こちらが、先ほどの麹と酵母、水を発酵させて、酒母を作るタンク。

f:id:alu_nagara:20160412185238j:plain

 

こちらの酒母からこの大きなタンクでお酒を醸していきます。

f:id:alu_nagara:20160412185451j:plain

 

もちろん、タンクの中も覗かせていただきましたー。

f:id:alu_nagara:20160412185422j:plain

この状態がいわゆる「もろみ」というもの。

 

タンク内のもろみを混ぜる棒もこんなに長い!!

f:id:alu_nagara:20160412185514j:plain

 

発酵が終わったもろみは、こちらの機械で搾られます。

f:id:alu_nagara:20160412185603j:plain

 

そして、火入れや瓶詰めなどの工程を経て、一旦貯蔵庫へ。

f:id:alu_nagara:20160412185740j:plain

見上げる限りお酒です。

ちなみに手前にちょこっと写ってますが、人の頭のはるか上まで積んでありました。

 

蔵見学の後は

蔵見学の後は、もちろんお楽しみの試飲へ。

f:id:alu_nagara:20160412190038j:plain

 

写真には撮り損ねていますが、10種類くらいが冷蔵庫に入っていて、飲み放題という太っ腹(笑)

f:id:alu_nagara:20160412190228j:plain

 

もちろん大吟醸も!

f:id:alu_nagara:20160412190145j:plain

 

蔵で実際に造られている様子を目にしてからのお酒は、また格別ですよね。

 

広告



本日のまとめ

普段見られない蔵内。

さらに、本来ならばなかなか見ることができない、麹室という貴重な場所も見せていただき、びっくりしました。

蔵独自の技術を惜しげもなく披露されていて、いろいろな蔵元さんも見学に訪れているとのこと。

本当に貴重な体験ができました。

 

蔵見学の方は、ちょっとルールが変わるようですが、無料開放などのイベントも行われるということなので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

スポット詳細

 

 

 

宇都宮プチ旅行記はこちら

「宇都宮みんみん」パリパリの羽とモチモチの皮が特徴 軽くて何個でも食べられてしまう餃子

「宇都宮二荒山神社」市の中心にある大鳥居が目印 色々な神様が祀られてるパワースポット

「宇都宮城址 」戊辰戦争で焼けたお城の櫓と城壁が復元されている広い芝生公園

「宇都宮城址 宇都宮城ものしり館」宇都宮城の歴史をボランティアスタッフさんからも学べるスポット!

 

澤姫シリーズはこちらから

 

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事