「宇都宮城址 宇都宮城ものしり館」宇都宮城の歴史をボランティアスタッフさんからも学べるスポット![スポット・宇都宮旅行記3]

広告

宇都宮城址を探索。

一つ前の記事はこちら。

宇都宮城址では、「清明館歴史展示室」「宇都宮城ものしり館」という2つの展示スペースがあります。

どちらも無料で入ることができます。

 

残念ながら清明館歴史展示室の方は撮影禁止でしたが、宇都宮城ものしり館の方は撮影可能ということだったので、その中身をちょっとご紹介します。

 

宇都宮城ものしり館について

宇都宮城址公園内にある、小さなスペースが「宇都宮城ものしり館」。

宇都宮城の歴史の展示がされています。

 

f:id:alu_nagara:20160326193621j:plain

 

朝9時から午後7時までの営業。

誰でも気軽に入ることができるスペースです。

 

館内の様子

中はこじんまりとしたスペース。

ボランティアのスタッフさんが常駐していて、そこで案内を受けることもできます。

 

宇都宮城の歴代城主がズラリ。

f:id:alu_nagara:20160326193709j:plain

ちなみに築城は平安中期ということなので、かなりの歴史がありますよね。

 

そしてこちらは復元の工事中に発掘された出土品とのこと。

f:id:alu_nagara:20160326194811j:plain

 

 

こちらの見取り図。

f:id:alu_nagara:20160326194421j:plain

これを元に、櫓と城壁の一部が復元されたのです。

 

こちらは、先ほどの見取り図を再現したジオラマ。

落城してしまった、江戸末期の状態をほぼ再現しているとのこと。

f:id:alu_nagara:20160326193918j:plain

宇都宮城は、実は平城だったのですね。

 

もう一つの特徴は、この城は、外敵からの守りを強固にし、将軍が滞在する本丸を守るためのお城ということ。

f:id:alu_nagara:20160326194912j:plain

このジオラマの櫓をよーく見ると。

城の内側に良くある「鉄砲狭間」という、穴が内側には空いていないんです。

 

こちらが復元されている櫓。

f:id:alu_nagara:20160326195348j:plain

2階部分にある鉄砲狭間は、本丸のある内側にはありません。

つまり、櫓からは将軍のいる本丸を狙えないようになっているんです。

 

 これを学んでから、城をもう一度見てみると、また違った見方ができるのですね。

 

広告



歴史について

歴史について、改めて感じた事をちょっと。

 

このパネルにもあり、スタッフの方が言っていた「新選組が”攻めて”きて」という言葉。

f:id:alu_nagara:20160327001000j:plain

宇都宮の人々からすれば、新選組は攻めてきた敵。

新選組側からすれば、宇都宮が敵になる。

 

歴史の見方は、決して一方ではいけないな、と感じた一幕なのでした。

 

宇都宮城は新選組により攻められ、一度は新選組たちの手に渡ります。

しかし、それからわずか4日後に、薩摩や長州の援軍を受け、城を奪還するのです。

 

スタッフの方によると「この時の恩があり、今でも宇都宮人は、薩長の人に頭が上がらない」だとか。

 

こんなちょっと面白いお話が聞けるので、是非案内スタッフの方と話してみると楽しいと思います。

 

本日のまとめ

小さなスペースですが、宇都宮城の歴史を感じられるスポット。

こうした歴史をちょっと学んでから、城址内を探索してみると、また違った風景が見えるかもしれません。

 

スポット詳細

宇都宮城址

 

 

宇都宮プチ旅行記はこちら

「宇都宮二荒山神社」市の中心にある大鳥居が目印 色々な神様が祀られてるパワースポット

「宇都宮城址 」戊辰戦争で焼けたお城の櫓と城壁が復元されている広い芝生公園

 

こちらもいかがですか

会津若松「鶴ヶ城」 大河ドラマ「八重の桜」の舞台にもなった難攻不落の城を散策

会津「東山温泉街」新選組副長 土方歳三が戦傷を癒した岩風呂がある のどかな温泉街

会津「阿弥陀寺」新選組 斎藤一の墓&会津東軍墓地&鶴ヶ城の御三階と見所が満載のお寺

「天寧寺・新選組局長 近藤勇の墓」山中にひっそりと佇むお墓は、プチハイキングコースの先にありました

「高幡不動尊金剛寺」新宿から30分の場所にある土方歳三の菩提寺

 

 

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事