「天寧寺・新選組局長 近藤勇の墓」山中にひっそりと佇むお墓は、プチハイキングコースの先にありました[スポット・旅行]

広告

会津旅行記。

 

会津に来たらここは押さえておきたいスポットはいくつもあるのですが、その一つ。

「天寧寺・新選組局長 近藤勇の墓」をご紹介したいと思います。

 

なぜ新選組局長のお墓が会津に?という方はこちらのサイトをご参考ください。

(ちなみに東京の板橋など、全国で4箇所お墓があります)

 

ということで、早速ご紹介です。

 

お墓までの道のり

 

会津周遊バスでは、ハイカラさん・あかべぇで「奴郎ヶ前」というバス停で下車します。

 

すると普通の住宅地の中に、こんな看板が。

f:id:alu_nagara:20160208135726j:plain

 

ここから天寧寺の入り口まで徒歩で約15分。

のどかな住宅街を歩いていきます。

 

途中にも案内板。

f:id:alu_nagara:20160208140856j:plain

 

しばらく進むと山が見え、その山のふもとのあたりに、天寧寺が見えます。

 

裏手が天寧寺の本堂。

その手前にさらなる案内図があります。

f:id:alu_nagara:20160208140950j:plain

 

そう、ここから更に歩くわけです。

 

なぜかここに、

f:id:alu_nagara:20160208141306j:plain

 

広大な敷地内には、地元の方々のお墓が点在しています。

f:id:alu_nagara:20160208141405j:plain

 

途中途中に矢印の案内板。

f:id:alu_nagara:20160208141705j:plain

 

その示す先は、こんな感じ。

「え?ここ?」とびっくりすることなかれ、ここを進むのです。

f:id:alu_nagara:20160208141741j:plain

 

竹林まで加わり、さらにうっそうとした道になりますが、この先です。

f:id:alu_nagara:20160208141821j:plain

 

山側はこんな感じで、反対側はガケ。

f:id:alu_nagara:20160208141907j:plain

 

まだまだ先に進みます。

f:id:alu_nagara:20160208141946j:plain

 

ちょっと休憩。

木々の間から、会津の街を見下ろすことができます。

f:id:alu_nagara:20160208142011j:plain

 

いよいよ見えてきました。

f:id:alu_nagara:20160208142109j:plain

 

もう少しです。

f:id:alu_nagara:20160208142316j:plain

 

ここを登ったところが、近藤局長のお墓です。

f:id:alu_nagara:20160208142344j:plain

 

いよいよ到着

お墓の手前には、このような木の札が。

f:id:alu_nagara:20160208142516j:plain

 

石碑に記されている文章の解説のよう。

f:id:alu_nagara:20160208142706j:plain

 

こちらがその石碑。

f:id:alu_nagara:20160208142807j:plain

 

新選組副長 土方歳三が、戊辰戦争会津に訪れた際に、遺髪などを持って、ここに仮埋葬した場所であるとされています。

この墓石は、後にの会津藩藩主が建てたものとのこと。

f:id:alu_nagara:20160208142935j:plain

ファンの方々が絶えず訪れて、お花を捧げているそうです。

 

お隣の慰霊碑。

局長の隣には、やはり副長が・・・ということで建てられたそうです。

f:id:alu_nagara:20160208142842j:plain

 

新選組局長と副長がそろって並ぶ姿がここで見られるわけですね。

もう号泣ものです。

f:id:alu_nagara:20160208143307j:plain

 

お参りを済ませ、帰りは同じ道を下っていきます。

こんな感じで、かなりの山道を登ることになります。

 

こちらにお参りの際は、歩きやすい靴、動きやすい服装でお出かけするのがよいかと思います。

 

広告



 本日のまとめ

会津の近藤局長のお墓は、本当に静かで、ひっそりとした場所にありました。

実際に、土方さんが、この場所まで来て、ここにお墓を作ったのかと思うと、色々なものがこみ上げてきました。

是非ここで歴史を感じていただきたいです。

 

ちなみに、写真をご覧いただくとわかる通り、明かりがないので、お参りはお早めに。

(以前日没前に訪れて、本当に遭難するかと思いました・・・。)

 

会津旅行記一覧はこちら

会津若松観光をするなら、便利な周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」の1日フリー乗車券を上手に活用!

会津若松「鶴ヶ城」 大河ドラマ「八重の桜」の舞台にもなった難攻不落の城を散策

 

会津観光ならこちらもチェック

 

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事