余った日本酒と炊飯器で作る「塩ハム」 ふんわりしっとりでめちゃウマなんです!

広告

今、ネットなどで話題になっている、鶏胸肉を使った「塩ハム」。

おうちに眠っている日本酒を使って、ふんわりしっとりの塩ハムを作りました!

炊飯器で手軽にできるので、早速ご紹介します!

材料

鶏胸肉:1枚

塩:適量

日本酒(お好みのもの):適量

水:適量

作り方

①鶏胸肉の皮を取る

皮が好きな人はあっても可。

②フォークなどを使い、鶏肉に穴を開けまくる

日頃のストレスなどをぶつける感じで(笑)、ブスブスいってしまいましょう。

③ちょっと深めのお皿に鶏肉を入れる

④鶏肉の表面に、塩を適量塗りこむ

今回は「伯方の塩」のサンプル品を使いました。

4g位使用しました。

f:id:alu_nagara:20160204005001j:plain

岩塩や、ハーブソルトなどがよさそうですかね。

⑤鶏肉の入ったお皿に、お肉が浸る程度に日本酒とお水を入れる

今回のポイントはこの日本酒。

私は割合を酒1:水1.5 位にしましたが、お好みでご調整を。

日本酒はなんでも大丈夫ですが、料理酒のようにお砂糖などが添加されているものよりは、何も入っていないお酒のがいいかなと。

f:id:alu_nagara:20160204005259j:plain

今回はちょこっとだけ残っていたこちらの純米酒の生酒を使用。

開栓してしばらく経ってるので風味が落ちかけてたものを利用です。

⑥ラップなどをかけて30分位置いておく

f:id:alu_nagara:20160204005709j:plain

ここでしっかりと酒液を鶏肉に染み込ませます。

⑦ラップでしっかりと鶏肉を巻く

f:id:alu_nagara:20160204005803j:plain

ここでぎゅーっとしておくと、ハムっぽくなります。

水などが入らないように、しっかりと包んでおきます。

⑧フリーザーバックなどに入れて、3時間〜ひと晩程度冷蔵庫で寝かす

さらにお肉に酒液を浸透させます。

⑨冷蔵庫からバックを取り出し、炊飯器の中へ。沸騰したお湯を注ぎ、肉が浸る位までお湯を注ぐ

f:id:alu_nagara:20160204010302j:plain

水が入らないように注意です。

浮いてしまう場合は、落とし蓋等を載せてくださいね。

ちょうどいいのがなかったので、小皿を載せてます(笑)

f:id:alu_nagara:20160204010354j:plain

⑩炊飯器のスイッチを保温に。1時間半ほど保温にしてあとは放置

⑪あとは袋から出したら完成!

冷めるまで置いておくとさらにしっとりしますよ♪

完成品がこちら!

f:id:alu_nagara:20160204010817j:plain

ちょっと血合いの部分をそのままにしてしまったので、あんまり見た目が良くないですが…(笑)

ほのかに日本酒の香りはしますが、アルコールは飛んでしまっているので、全然アルコールっぽくないです。

お塩も程よい加減。

なによりも、胸肉ではあるのですが、しっとりしていて美味しいです。

f:id:alu_nagara:20160204011000j:plain

お砂糖を使用していないので、ヘルシー。

かと思いきや、そういえば日本酒は糖質量が100mlあたり4.5gらしいので、糖質制限をされている方は、入れすぎにはご注意くださいませ。

しかし余計な添加物が入っていないので、安心して食べられますね。

簡単なのに、思った以上に美味しくできました!

広告



本日のまとめ

漬け置く時間はちょっとかかりますが、火を使わないのであとは放置しておくだけというお手軽料理。

是非お試しください。

 塩も種類豊富です

 

 おうちグルメならこんな記事もいかがですか

セブンイレブン「5種チーズ入りキッシュ」 コンビニでキッシュが買える!家飲みのお供にぴったりの一品!

ガトーショコラ最高峰“ケンズカフェ東京”監修スイーツがコンビニで!絶品「クレームショコラ」を食べてみた!

「楽味京都 味噌バター」京都の「本田味噌本店」の白味噌と白アンが入ったちょっと変わったバター

相模屋 「トリプルドムとうふ」黒い三連星は、カッコイイ黒い機体なのに甘〜い低カロリースイーツにメロメロ!

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事