「八海山 しぼりたて原酒 越後で候(青ラベル)」ふわりとした旨味と甘味がありながらも爽やかなキレも持つ日本酒

広告

先日ご紹介した「越後で候」の赤ラベル。

上記の記事でもちょこっと紹介しましたが、八海山しぼりたて原酒のもう一つがこの「八海山 しぼりたて原酒 越後で候(青ラベル)」。

ということで、早速ご紹介です。

お酒について

「八海山 しぼりたて原酒 越後で候」シリーズの、通称「青ラベル」とか「青越後」と呼ばれているお酒です。

f:id:alu_nagara:20160106134630j:plain

赤ラベルと同様、新しい酒造年度(今回で言えば、2015年7月1日以降)に取れたお米で、その年に作られたお酒です。

酒造年度についてはこちらの記事もどうぞ。

こちらの青ラベルは、精米歩合60%。

口に含むと、お米の旨味と甘味がふわりとします。

フレッシュさはあるものの、八海山の独特の後味のキレが特徴。

赤ラベルと比べると、吟醸っぽい香りが控えめで、落ち着いた純米酒のような感じ。

なので、こちらの方が食中酒としてはぴったりかも。

アルコール度は19度と高めですが、キレのおかげで意外にもすーっと飲めてしまいます。

ちょっと飲みにくいな〜と思ったら、氷をひとかけら、浮かべて飲んでみてください。

もしくは、ちょこっとお水を加えてどうぞ。

合わせる肴は

赤ラベルと同様、お酒がしっかりした味ですので、しっかりした味の料理にぴったりです。

奈良漬

f:id:alu_nagara:20160106133736j:plain

酒粕のコクが、生酒のコクにぴったり。

キレもあるので、爽やかに流してくれるのもこのお酒ならでは。

鍋料理

f:id:alu_nagara:20160106134353j:plain

寒いこの時期には、しっぽりと鍋と一緒に。

味噌味系の汁ものにも合います。

熱い鍋に冷たい生酒がぴったりです。

広告



本日のまとめ

 こちらの青ラベルは3月までの限定になります。

ちなみに、きちんと冷蔵庫などで保存して、夏から秋に飲むと、もう少し味が落ち着いて、また違う味になりますよ♪

こちらの記事もいかが

「香住鶴 生酛(兵庫県)」昔からの生酛造りで作られている米の旨みがしっかりとしているお酒

「天吹 純米大吟醸 りんご酵母(佐賀)」珍しいりんごの花の酵母で作られた、フルーティーながらしっかりとした旨味のあるなお酒

兵庫「沢の鶴 純米樽酒」 ほんのり樽の香りがする ロックも美味しいお酒

冷からぬる燗まで様々な味が楽しめる!まっすぐな日本酒「雁木 純米無濾過(八百新酒造)」

高知「美丈夫 特別純米酒」 常温やぬる燗がオススメ、涼しくなった日の晩酌にピッタリのやわらかなお酒

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

八海山のお酒以外のオススメはこちら

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事