「天吹 純米大吟醸 りんご酵母(佐賀)」珍しいりんごの花の酵母で作られた、フルーティーながらしっかりとした旨味のある日本酒

広告

ちょっと変わった酵母を作ったお酒に出会いました。

それが「天吹酒造」さんの「純米大吟醸 りんご酵母」です。

そもそも酵母って?

日本酒はお米の糖分をアルコール発酵させてたものというのはご存知の通り。

そのアルコール発酵をする働きをする微生物が「酵母」なんですね。

古くは、空気中にいる酵母を使って、その蔵独自の酵母を使ったりしていましたが、現代では、化学的に酵母を培養して作っています。

現在の日本酒は「協会酵母」とよばれる、研究所で培養して全国の蔵元に届けられている酵母を使ったり、もちろん蔵元独自の酵母を使ったりして、日本酒を作っているんです。

日本酒は、お米と水というシンプルな飲料ですので、同じくらいこの酵母が日本酒の味に大事なんです。

天吹酒造さんについて

本日紹介するお酒を作っている「天吹酒造」さんは、佐賀県で300年ほどの歴史のある蔵元さん。

この蔵元さんは、花から取れる「花酵母」でお酒をつくられている、ちょっと変わった蔵元さんです。

WEBページには、「いちご」「コスモス」「ヒマワリ」などの酵母を使ったお酒がずらり。

なかなか他ではない、不思議なラインナップですよね。

日本酒以外にも、梅酒や焼酎などもやはり花の酵母でつくっていらっしゃいます。

広告



お酒について

こちらが「りんごの花」の酵母から醸されたお酒「純米大吟醸 りんご酵母」。

f:id:alu_nagara:20151107192056j:plain

りんごの香りはほのかにしますが、香りはちょっと弱め。

 よくある日本酒香りなどの例えである「りんごのような酸味」という表現のど真ん中のの香り。

味は、りんごの酸味もありながらも、軽いお酒なのかなと思いきや、意外にしっかりとしたお味です。

お米の独特の旨味がふわりと広がります。

ちょっと甘めな感じです。

冷たく冷やして飲みましたが、常温だともうちょっと香りが立ちそうな感じもします。

フルーティーだけど、軽すぎず重たすぎず。

ちょっと甘さを感じる、ちょっとワインに近いようなお酒です。

合わせる肴は

フルーティーさとしっかりしたのとの間位のお酒。

これからの時期はおでんなんていかがでしょうか。

f:id:alu_nagara:20151107190959j:plain

お刺身や、サラダなどよりは、味が付いているものの方が合いそうな気がします。

本日のまとめ

花酵母を使っているという、ちょっと変わったお酒でした。

もっとりんごっぽい味がするのかと思ったら、味は思ったよりもしっとりとしていました。

通販もあるそうなので、いちご酵母など他のお酒も是非飲んでみたいです。

こんなお酒もどうですか

「天寶一 純米酒 千本錦(広島)」柔らかい飲み口ながら、白ワインのような旨味も感じるお酒

「末廣酒造 梅ぷち(会津若松)」梅酒ベースで飲みやすいプチプチ微発泡のお酒

冷からぬる燗まで様々な味が楽しめる!まっすぐな日本酒「雁木 純米無濾過(八百新酒造)」

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事