「ポルノ超特急2017(2日目)」に乗車してきた! 冬の京都で超アツイ音楽フェスは音楽も食も楽しめるイベント

広告

2017年12月23日・24日の2日間にわたって京都パルスプラザで行われた音楽フェス「ポルノ超特急2017」の2日目に初乗車してきました。

12月の京都で行われたアツイ音楽フェスの様子です。

ポルノ超特急って?

京都で結成されたミクスチャーバンド「ROTTENGRAFFTY」が、結成当時から行っている音楽イベントがこの「ポルノ超特急」通称「ポル超」。

場所は、約1.5万人を収容できる京都パルスプラザ。

「超特急」というフェスのタイトル通り、「暴走列車」をイメージしたものとなっているのが特徴。

チケットは「乗車券」名付けられていて、フェスの入場時間も「乗車時刻」、開始時間も「発車時刻」となっているのが面白いです。

フェスの出演順も「1号車」「2号車」。

観客を「乗客」。

なかなか凝ってますよね。

京都パルスプラザまでの行き方は?

新幹線や在来線でJR京都駅まで来る人は、バスが便利。

駅の八条西口を目指します。

バス乗り場のE1から直通のバスが出ています。

臨時便が出ているので、割とすんなり乗れました。

料金は前払い制。

バス会社の方が、両替をしてくれますので、近くに来たらお声掛けしてください。

Suicaなどの交通電子マネーが使えないので、ご注意を。

パルスプラザの目の前で降ろしてくれるので非常に便利です。

その他、近鉄電車・京都市営地下鉄の「竹田駅」を使えます。

竹田駅からは徒歩で20分ほどとのこと。

帰りのバスはかなりの列になるとのことですので、帰りだけでもこちらを使っても便利です。

広告



「ポルノ超特急2017」会場の様子

ということで、会場の様子を。

入り口にはこのオブジェ。

こちらのゲートをくぐるといよいよフェス会場。

普段は駐車場となっているこちらが、屋台ブースとなっています。

まずは入口向かって右の受付ブースで、乗車券をリストバンドと交換します。

ここで乗車券は回収されてしまい、このリストバンドだけが入場の目印となりますので、無くさないようにしましょう。

クロークについて

クロークは、ステージ横のテントになります。

まず受付で料金500円を払い、シールと袋をもらいます。

あとはこれに詰めたら、すぐ横にある預かりテントで荷物を渡すだけ。

1回の料金で出し入れはできず、もし再度出して入れる場合は、そのつど500円がかかりますので、リストバンドや貴重品などは入れないように。

かなり大きめのゴミ袋(45Lタイプかと思われます)なので、コートなども入れられます。

食事処について

色々な屋台が並び、目移りしてしまいます。

食べる場所は少ないんで、皆さん地べたに座ったりしていました。

一番人気になっているのは「ポルノ亭」。

「ポルノ超特急」主催の「ROTTENGRAFFTY」メンバー侑威地さんがプロデュースした「京風カレー混ぜうどん」「京風カレー混ぜごはん」も食べられます。

ちなみに私がここを訪れた時には、ちょうど侑威地さんご本人が店に立っていて、カレーを自らよそってくれたんです!

(写真も撮らせていただいたんですが、自主規制)

ちなみに、器にも「ポル超」の文字が入っています。

この時にちょうど「THE冠」の冠 徹弥さんもいらしていて(!)、なんと、同じテーブルで食事をするという幸運にも恵まれてしまいました。

ファンの方との写真にも気さくに応じてらして、めちゃくちゃ優しい方でした。

ステージは?

「ポルノ超特急」は「金閣」・「銀閣」という2つのステージがあり、どちらも行き来が可能。

入口で腕を上げてリストバンドを見せると入場できます。

こちら銀閣のステージは、小さいライブハウス並みのキャパ。

天井も低く、ライブの一体感が楽しめます。

ただ、人気のアーティストになると入場制限があったので、お目当てのアーティストだったら早めに入場するのがよいですね。

そして、こちらがメインステージとなる「金閣」。

左右には花道があって、花道の先端は、朱塗りの櫓のような造りになっています。

中央と左右にビジョンがあり、遠くからでもビジョンでライブを楽しむことができます。

出入口付近は非常に混雑するので、なるべく中に入るのがよいかな。

中ほどは特に押しもなく、みんなゆったりと楽しんでる印象でした。

ちなみに、両ステージとも会場内は「非常に暑い」ので、Tシャツで楽しむのがベターだと思います。

本日のまとめ

初乗車(初参加)した、「ポルノ超特急2017」の2日目。

1日たっぷりと音楽を楽しめる、真冬のアツイ音楽フェスでした!

こんなフェスも行ってきたよ

【世界最速?】「イナズマロックフェス2016 リターンズ」&「イナズマロックフェス2017」の フードエリアの様子をお届け!

「テレビ朝日 ドリームフェスティバル2016 DAY1」に行ってきた!様々なアーティストがずらり!外ではフードブースも充実!

「超演奏してみたステージにあのTM NETWORKの木根尚登氏が降臨!!超絶カッコよくて渋くてシビれた![ニコニコ超会議2015 その8]

「ROTTENGRAFFTY」ならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事