「北海道坂本龍馬記念館」あの坂本龍馬と北海道には深いつながりが?龍馬直筆書簡や愛用の刀剣展示もアリのスポット[2016年11月 函館旅行記 その4]

広告

幕末志士の中でもとりわけ人気の高い坂本龍馬。

土佐出身、京都で暗殺された彼の記念館がなぜか北海道の函館にあるんです。

その名も「北海道坂本龍馬記念館」。

実は北海道ともつながりがあるとのことですが・・・?

坂本龍馬と北海道のつながりって?

坂本龍馬と北海道。

実は、坂本龍馬は蝦夷地、つまり北海道の開拓を計画していたらしいのです。

ご存知、坂本龍馬が作った「亀山社中」。

この事業の一つが蝦夷開拓。

新政府の元、武士という身分がなくなり職がなくなった人たちをこの事業に当てようとしていたのです。

しかし、その志は叶わず、暗殺されてしまうのは周知のこと。

その後龍馬の甥にあたる坂本 直や、坂本家の子孫がこの志を継ぎ、北海道の農業開拓などの事業にあたったとのことです。

明治政府もこの事業に乗り出し、「屯田兵」として蝦夷へたくさんの人々を向かわせたのでした。

ちなみに北海道銘菓の「六花亭」。

こちらの包装紙のデザインをしているのは、なんと坂本龍馬の子孫にあたる方。

また、館長も坂本家の子孫にあたる方なんです。

スポットについて

ということで、そんな「北海道坂本龍馬記念館」は、市電「十字街」の目の前にあります。

道路を挟んで、坂本龍馬像と記念館があります。

まずは銅像。

凛々しいお姿ですね。

そしてこちらが記念館。

龍馬になって写真を撮ることもできます。

館内はわりとコンパクトな造り。

中には、龍馬が姉に宛てた直筆の書簡や、愛用の日本刀などが展示されています。

その他にも、坂本龍馬に関係した西郷隆盛や勝海舟の書があったり、北海道開拓の歴史を見ることができる資料も展示されています。

こちらは館内に展示されている龍馬像。

坂本龍馬はまさに「北海道の父」。

彼とその子孫の足跡をたどることができる記念館です。

広告



本日のまとめ

高知の英雄坂本龍馬が北海道ともつながりがあったということを、初めて知りました。

面白い展示もいろいろあります。

龍馬好きさんは、高知の記念館はもちろんですが、ここも絶対訪れてほしいスポットです。

スポット詳細

坂本龍馬スポットならこちらも

高知 桂浜「高知県立坂本龍馬記念館」ファンならずとも一見の価値ありの展示物がズラリ![2015年7月 四国旅行記 その14]

「京都霊山護国神社」坂本龍馬・中岡慎太郎の墓 幕末の維新の志士たちのお墓も並ぶ神社[2017年9月京都・滋賀旅行記1]

京都伏見「寺田屋」 「寺田屋事件」でも有名 坂本龍馬が愛用していた旅籠[2016年3月 京都旅行記3]

坂本龍馬について知るならこちらも

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事