「銀座 ねんりん家」大丸東京店限定の「もっとしっとり芽」はバームクーヘンの概念が変わる しっとりふんわりなスイーツ

広告

東京駅付近のお店には美味しいスイーツは数ありますが、限定品もたくさんあります。

今回はそんな限定品の一つ。

大丸東京店でしか販売していない、超レアスイーツ、銀座 ねんりん家さんの「もっとしっとり芽」を食べました。

お店について

東京駅八重洲口すぐのところにある大丸東京。

その1階には、和洋スイーツが並んでいます。

その一角にあるのが、バームクーヘンの有名店「銀座 ねんりん家 大丸店 」です。

大丸の中でも、外まで列が並ぶことも多々ある人気店の一つ。

バームクーヘンの専門店で、一言でバームクーヘンといっても生地によって、いろいろな種類があるのです。

メインは3種類で

  • 通常のバームクーヘン ストレートバーム「やわらか芽」
  • しっかりとした生地のマウントバーム「しっかり芽」
  • もっちりとした生地のブッシュドバーム「もっちり芽」

と、お好みに応じて選べるんです。

また、サイズも様々。

丸型ではなく、バームクーヘンを縦に長く切ったようなちょっと珍しいサイズなどもあり、これは一人暮らしには超嬉しいサイズ。

ちなみにバームクーヘンは店頭で焼かれていて、辺りにはバームクーヘンの良い香りが漂います。

今回いただいたのはこちら

今回いただいたのは、ねんりん家さんの新作で、大丸東京店限定(2017.10月末現在)の品「もっとしっとり芽」。

しっとり芽のさらに上をゆくしっとりさということですね。

バームクーヘンってどうしてもパサパサしているイメージがあるのですが、これはどうなんでしょうか。

YSサイズを購入です。

直径は約17cm。

4人で分けるとちょうどいいサイズというところでしょうか。

「写真のように本当にしっとりとしているのか」と疑いつつ、フォークの背で押してみるとこの弾力!

確かに写真と変わらず。

弾力はありますが、フォークを縦に入れると、すーっと通ります。

バームクーヘンというよりカステラみたいな感じです。

口に入れるとそのしっとりさが顕著に現れ、「これがバームクーヘン???」と思うほど。

口の中で蕩けるような感覚すらあるんです。

その上、甘さは控えめで、バームクーヘン特有の重たさがまったくないので、一人で一つ全然食べられそう。

ねんりん家さんがうたっている通りの、新感覚のスイーツでした。

広告



本日のまとめ

バームクーヘンの概念を覆す、しっとり&蕩ける新食感のバームクーヘン。

常温保存で1週間程度日持ちするので、東京土産にもオススメですよ。

店舗詳細

関連ランキング:バームクーヘン | 東京駅大手町駅日本橋駅

東京駅スイーツはこちらもオススメ

「ずんだ茶寮」の「ずんだシェイク」 仙台の味が東京駅徒歩1分で買えるって知ってました?

「シレトコファクトリー」 北海道から上陸、揚げないふわふわドーナツの東京駅限定商品は手土産にもピッタリ!

「東京えんとつ」 カップ型のフワフワなシフォンケーキと零れるトロトロクリームが楽しめるスイーツ

ねんりん家さんの品をネットでGET

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事