浅草「待乳山聖天」大根がお供え!境内にはケーブルカーもあるユニークなお寺 [2015年1月浅草放浪記 2]

広告

浅草はフラフラ歩きながら、のんびり散策するのにもってこい町。

今回の目的は今戸神社ですが、その前に近くにある待乳山聖天(本龍院)にお参りをしてみました!

池波正太郎の生誕地碑

本殿にお参り…の前に。
実はこの待乳山聖天の近くに、剣客商売 シリーズや、鬼平犯科帳シリーズで有名な作家池波正太郎氏の生家があり、お寺の入り口に生誕の地の碑があります。

f:id:alu_nagara:20150208211938j:plain
生家は関東大震災で焼けてしまったようですが、なかなか感慨深い物です。

ちょっとかわった紋章が

さて、ではお参りへ。

こちらでは、毘沙門天をお祀りしている寺院。正式名称は「本龍院」だが、
こちらの小高い丘が「待乳山」というので、その地名から待乳山聖天とも称されるとのこと。

さて本殿がこちら。

f:id:alu_nagara:20150208212313j:plain

どことなく浅草寺に似てます。

こちらのお寺の紋章。

よーく見ると…

f:id:alu_nagara:20150219133953j:plain

大根なんです!

HPによりますと、

当山の紋章には巾着と二股大根が組み合わされており、巾着は砂金袋のことで商売繁盛を、二股大根は無病息災、夫婦和合、子孫繁栄をそれぞれ意味し、大聖歓喜天の福徳を示しています。

とのこと。

毎年1月7日にはお正月にお供えされた、沢山の大根をふろふき大根として調理して参拝客に振る舞う「だいこん祭り」も行われています。

大根は体内の毒素を中和して消化を助ける働きがあるところから、聖天様の「おはたらき」を表す物として、お供え物とされているとの事。
社務所では、お供えの大根を購入する事ができ、本殿内には大根が山のようにお供えされていました。

広告



境内にケーブルカーが

待乳山聖天は小高い丘の上にあるため、階段を登りますが、ご高齢の方はお体が不自由な方の為に、なんと、駐車場からケーブルカーがあるのです。

それがこちら。

f:id:alu_nagara:20150219133940j:plain

今回は本殿お参りしてからの下りですが、昇りも下りももちろんOK!

f:id:alu_nagara:20150219134008j:plain

本殿側から見た所です

f:id:alu_nagara:20150219134016j:plain

車窓からはこんな感じ…。結構急です!!

これは楽ちんですし、何より面白い!!

ケーブルカー所持されてるお寺って、そうそうないんじゃないですかね。
今回は、他に乗る方もいらっしゃらなかったので、まだまだ歩ける年齢ではありますが、乗車させていただきました。

本日のまとめ

浅草は何度も来ているのですが、初めて訪れたこの場所。

大根にケーブルカー。
面白い体験をさせていただきました!

スポット詳細


大きな地図で見る

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事