「ゆりあげ港朝市」様々なものがズラリと揃う宮城を代表する活気ある朝市が凄かった! [2016年6月宮城旅行記 4]

広告

仙台でのライブを終えた翌日。

仙台在住の友人と久しぶりに再会。

今回の旅のもう一つの目的である、「ゆりあげ港朝市」に連れて行ってもらいました。

ゆりあげ港朝市って?

仙台市の隣にある名取市。

東日本大震災で大きな被害を受けています。

震災後に、仙台市内は何度も訪れていたり、松島や塩釜は訪れていたのですが、それ以外は初めて。

仙台市内から車でしばし。

景色が一変します。

ここら辺一帯は津波の被害により、ちょうど地面のかさ上げ工事を行っていているところでした。

20161013_003

まだまだ住宅地などになるには時間がかかるようです。

港から見える風景もこんな感じ。

20161013_002

という場所を抜けると、突如広い駐車場にたくさんの車が止まっている場所が。

その場所こそ、「ゆりあげ港朝市」が行なわれている場所です。

もう40年以上も前から、一年中、日曜・祝日に開催されているという朝市。

震災からもわずか2週間で再開し、その後、震災前の1.5倍もの来場者になったとか。

朝市の様子

そんなゆりあげ港朝市。

日曜祝日の朝6時から13時ごろまで営業しているとのことで、この日は色々あって到着は9時過ぎに到着。

20161013_001

あいにくの曇り空の中、ズラリと並んだお店と、たくさんの人が。

まだ朝の9時ですよ??(笑)

普段の私なら寝ている時間・・・。

20161013_004

まず目につくのは、漁港らしくたくさんの魚介類。

20161013_007

20161013_012

20161013_014

持ち帰りもできますし、炉端焼きスペースがあり、その場で食べることも・・・。

(こちらについては別記事にてご紹介!)

塩辛などの加工品

20161013_006

三陸といえばわかめや昆布。

試食もできますし、お店の人が「食べるだけでも食べてって〜」といって、色々差し出してくれるんです。

20161013_018

畑直送の野菜や果物類

20161013_013

地元のものだけでなく、色々な産地のものも揃います。

20161013_015

ベーコンとかピザなどの加工食品(というか、日用品)

20161013_011

お菓子類なども

20161013_020

食べ物だけでなく、お花なんてのもあります。

20161013_016

そして人気はやっぱり屋台。

手軽に食べられるものもあったり

20161013_017

ソフトクリームなどもあったり、カフェなどもあります。

20161013_021

朝市で一番人気という餃子屋さんには、常に行列が。

20161013_019

そしてゆりあげ港朝市名物の「セリ市」。

こちらの番号札のうちわを使い

20161013_009

数々出てくる、欲しいものの時にこうして札をあげて、競り落とす方式。

20161013_010

まぐろの切り身が1000円とか、きゅうり10本で200円とか、ピザ1枚あたり150円とか、とにかくお得なものが次々と出てきていました。

朝市レポート、次回に続きます!

広告



本日のまとめ

まだまだ復興途中の様子を色濃く残す閖上。

そこに広がる、活気ある朝市。

仙台からはちょっと離れていますが、是非一度訪れてみて欲しい場所です。

スポット詳細

仙台・松島ならこちらも

「松島さかな市場」市場価格で超オトク カキ&海鮮丼を食べるならココに決まり!

松島に宿泊すると、絶景の海から昇る朝日がみられる特典がもれなく付いてくるんです!

「ぽぷら ゴールデンスイートポテト」 仙台 瑞鳳殿近くの小さなお店のとろける絶品スイーツがあった!

仙台観光なら観光スポットを巡る「るーぷる仙台」がオススメ!運転手さんのトークが絶妙!

「円通院 紅葉ライトアップ2015」まるで別世界のような空間で見る紅葉が想像以上に美しすぎました!

宮城名物ならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事