「3時間かかっていたブログが1時間でできる方法」最初の5分で気づきがポロポロと出てきた![学び体験]

広告

今日はとあるワークショップを受けに、浅草橋までやってきました。

 

参加したのは、ものくろ師匠開催の「3時間かかっていたブログエントリー作成が1時間で実践できる情報発信の実践方法」。

 

ということで、ワークショップの時間を使って、ワークショップの様子を紹介したいと思います!

 

 

■参加しようと思ったわけ

今回のテーマは「3時間かかっていたブログを1時間で公開する方法」。

f:id:alu_nagara:20151219164746j:plain

今年1月にブログを初めてもうすぐ1年ですが、一つの記事にかかる時間って、結構かかっています。

もう少し更新頻度を上げていきたいのもあり、そのコツを学びたいと思って参加をしてみました。

 

広告



■ワークショップの様子

まずはブログをエントリーする際に、やっていることの洗い出しからスタート。
単にブログを書くというだけでも、いくつものステップがあるわけです。
そして、どれだけの時間をかけているのか・・・。

最初の5分で、もう目からウロコの発見がポロポロと出てきます!

 

そして他の参加者との方とも自己紹介をしながらも時間がかかっている部分を共有したりしながら進めていきます。

ワークの時間で一つ一つこなしていくうちに、ブログの核となる部分ができ、記事へと繋がっていくんです。

例えば、ブログを構成していく上で、書きたいことをリスト化していき、順位をつけていくことで、無駄を削ぎ落としたり・・・

ビシバシと時間を区切られているので、緊張感もありつつ、ちょっとしたコツとか、オフレコの裏話とかもありつつ、和気あいあいとした状態で進んでいきました。

 

■本日の結論

ということで、ワークの間にこの記事を書いてみました。

よーく考えると、実はリスト化して順位をつけたりすることって、日常生活でも仕事を片付ける際にも、当てはまることではないかな、とふと思いました。

オフレコな部分もあり、和気あいあいと楽しく学べるワークショップでした。

 

ワークショップ案内はこちら