「会津流 純米酒(福島)」幻のお米を使ったしっかりとした旨味とキレを持ち合わせる日本酒

広告

年末が近づいてきてますが、皆さん美味しいお酒、飲んでますか?

本日は、和風の料理はもとより、洋風の料理にも合う、しっかりとした旨味もありつつ、爽やかなキレがある「会津流 純米酒」を紹介します。

お酒について

会津若松にある「辰泉酒造」さんが醸すお酒。

「あいづながれ」、と読むお酒です。
会津産の有機低農薬で特別に栽培されたお米を使ったお酒です。

f:id:alu_nagara:20151222221945j:plain

お米は、昭和初期に日本酒の味を変えたとされる「京の華」という幻の酒造好適米。
契約農家さんと共に作っているのです。

香りはやや弱め。
しかし、口に含むと、お米の旨味が一気に広がります。
わりとどっしりとした旨味とコクはありますが、まったく重たさはなく、柔らかさを感じます。
後味のキレも抜群。

食中酒の中の食中酒の部類ですね。

冷で飲むのもよし、ぬる燗もいいですが、私は常温がオススメ。

合わせる肴は

チーズ

f:id:alu_nagara:20151222221925j:plain

漫画「美味しんぼ」でチーズに合う日本酒として紹介されたこともあるようです。
確かに濃厚なチーズにも負けない、芯がありますので、ちょっと濃厚なものでもバッチリです。

鶏のトマト煮

f:id:alu_nagara:20151222221917j:plain

わりと濃い味でも負けないお酒なので、こんな洋風料理はいかがでしょうか。

 本日のまとめ

力強い旨味を感じながらも、色々な料理に寄り添ってくれる不思議なお酒。

今夜の一杯にいかがですか?

しっぽりと飲みたいお酒です

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 こちらの日本酒もいかが?

  「末廣酒造 梅ぷち(会津若松)」梅酒ベースで飲みやすいプチプチ微発泡のお酒

「金澤屋 純米吟醸(福島県)」米のふくよかさを感じながらも後味のキレは抜群のお酒

「伊達の逸品 梅の酒(宮城県)」日本酒「浦霞」の原酒に漬け込んだ梅を使ったすっきりな梅酒

「越乃景虎 超辛口」新潟の中でも最も辛口に分類される 柔らかさとキレを兼ね備えたお酒

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事