「土方歳三最期の地碑(一本木関門跡)」土方歳三がその最期を遂げたとされる、たくさんのファンの人が訪れる聖地[2016年11月 函館旅行記 その18]

広告

函館旅行記。

3日目は再度函館観光です。

函館は土方歳三の最期の地。

その生涯を終えたとされる場所に、今は碑があり、沢山の人が訪れています。

スポットについて

「土方歳三最期の地碑」はJR函館駅から徒歩15分ほどのところにあります。

函館駅からバスだと「総合福祉センター前」または「総合福祉センター裏」になります。

市の施設総合福祉センターの敷地内にあり、誰でもいつでも見学が可能。

駅からのんびり歩いていっても、何箇所にも案内があるのでほぼ迷うことなくたどり着けます。

土方さんが絶命されたとされる場所は、何箇所かあるのですが、その中でも有力なのが「一本木関門」で、その関跡となっている場所に、この碑が建てられたのです。

当時、市中は戦乱で敵味方入り乱れての戦闘だったとか。

土方さんの死には、味方の幕府軍の暗殺説などもあったりと、これまた興味深いのです。

さて、この敷地内で、まず目に飛び込んでくるのが、「一本木関門」と書かれた、関跡。

そして、その横に、小さな碑があります。

碧血碑などと比べるとかなり小さめですね。

土方さんの写真とともにたくさんの花束が。

朝一番で訪れたのですが、私たちの前後にもたくさんの人が訪れていましたよ。

「箱館五稜郭祭」の際には、当時の衣装を身につけた一行がここでまずお参りするとか。

その様子も見てみたいものです。

本日のまとめ

土方歳三がその最期を遂げたとされる場所。

たくさんのファンの方が訪れていて、彼の人気をうかがわせます。

駅からも気軽に訪れることができるので、散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

広告



スポット詳細

こんなスポットもオススメ

「碧血碑」土方歳三や函館戦争で亡くなった旧幕府軍の人たちを祀る山間の静かなスポット[2016年11月 函館旅行記 その5]

「土方歳三嘆きの松」土方が「開陽丸」座礁を嘆いて叩いたとされる松は海を見下ろす丘にありました[2016年11月 函館旅行記 その13]

「土方歳三函館記念館(土方・啄木浪漫館)」 土方歳三や函館戦争についての展示が豊富で気分は幕末へ![2016年11月 函館旅行記 その3]

土方歳三を知るならこちら


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事