「仙台城址&宮城縣護國神社」仙台の街を一望できる絶景スポットと、厳かな神社の両方を味わえる場所

広告

仙台に来たら、必ず訪れるところがあります。

むしろ、ここに来たいがために、仙台に来るといっても過言ではない場所。

「仙台城址&宮城縣護國神社」のご紹介です。

仙台城址&護国神社について

伊達政宗公が築城した仙台城は、市内を一望できる青葉山にあります。

現在ここには城の姿はなく、石垣などでその様子を探ることができるのみ。

そして、ここには「宮城縣護國神社」が鎮座しています。

市内から、青葉山を登る道の一つは、東日本大震災の影響で石垣が崩れ、車両通行止めになっていましたが、平成27年の2月25日に開通したようで、るーぷるのバスでも、最短ルートで行くことができます。

震災後にも何度も訪れていましたが、まだ一部のルートは通行止めで、迂回路としてぐるりと回って通行をしていました。

「るーぷる」のバス停を降りると、目の前には護国神社と書かれた石碑と鳥居が見えます。

f:id:alu_nagara:20151204210122j:plain

まだぴかぴかの鳥居。

ここからちょっとだけ階段を登っていきます。

f:id:alu_nagara:20151204210239j:plain

階段を登ると、一面に広がる広場。

こちらも震災からしばらくは、工事中の風景ばかりだったのですが、今は整備され、美しい芝生が広がります。

f:id:alu_nagara:20151204210351j:plain

伊達政宗公の像がお出迎え。

政宗公は今もここから仙台の街を見下ろしているわけです。

f:id:alu_nagara:20151204205904j:plain

こちらが仙台市内の様子。

夜景も絶景なので、一度は見て欲しいところなのですが、交通機関が夜は皆無なので、タクシーなどでお出かけください。

f:id:alu_nagara:20151204142016j:plain

そしてこちらが仙台城址と書かれた石碑。

史跡スポットとしてはちょっとシンプル?

でもこういうのもいいですよね。

f:id:alu_nagara:20151204211006j:plain

唯一残る脇櫓と石垣を写真に収めてないのが心残り・・・。

 そして、護国神社へ。

重厚感のある鳥居が迎えてくれます。

f:id:alu_nagara:20151204211904j:plain

こちらが本殿。

ちょうど菊の時期だったの菊祭りのようなものが開催されていました。

f:id:alu_nagara:20151204212001j:plain

ここにくると、気持ちがシャンとするのが不思議です。

f:id:alu_nagara:20151204212040j:plain

御朱印もいただいてきました。

f:id:alu_nagara:20151204213422j:plain

ちなみに、こちらには資料館もあります。

まだこちらは訪れたことがないので、今度は時間をかけてじっくり見てみたいと思います。

資料館では、甲冑などの展示物のほか、仙台城の再現CGが見られるそうですよ。

 本日のまとめ

何度も訪れている場所ですが、震災後に綺麗になっている様子を見て、ちょっとホロリとしました。

今度こそゆっくりと時間をかけて回りたいと思います。

広告



スポット詳細

仙台城跡

 

 仙台観光の記事はこちら

仙台観光なら観光スポットを巡ってくれる「るーぷる仙台」がオススメ!運転手さんのトークも絶妙なんです!

「仙台 瑞鳳殿」伊達政宗公が眠る霊屋は、色鮮やかで厳かな佇まいの建築に浸る

「ぽぷら ゴールデンスイートポテト」 仙台 瑞鳳殿近くの小さなお店のとろける絶品スイーツがあった!

仙台&伊達政宗公について学ぶ本

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事