「和の明かり×百段階段展」 目黒雅叙園の百段階段 幻想的な明かりと伝統建築の融合がすごかった!

広告

目黒雅叙園は、結婚式などにも使われる有名なスポット。

 その中でも東京都の有形文化財にも指定されている「百段階段」は大変貴重な場所でもあります。

そして、その百段階段で、現在公開中の催し物「和の明かり×百段階段展」。

まずは、この催し物の様子をご紹介します!

和の明かり×百段階段展 について

目黒雅叙園内に現存する木造建築の通称が「百段階段」と呼ばれているそうです。

この建物内には7つの部屋があり、それを99段の長い階段廊下が繋いでいます。

そして、天井画や掛け軸、屏風などの日本画も多数あるのです。

今回の催し物では、部屋の中の明かりを消し、この空間を色々な「和のあかり」で照らしているのです。

展示の様子

通常の百段階段の催し物では、写真はNGの場合が多いようですが、今回の展示は、なんと全時間帯写真撮影が可能という素敵なイベント。

(ただし、三脚やフラッシュはNG)

この素敵な空間をご紹介します。

写真が暗めですが、特に加工などせず、中の様子にできるだけ近い形にしています。

こちらが階段部分。ここは通常の明るさです。

これが99段あります。

f:id:alu_nagara:20150731005238j:plain

天井画もすごく風情があります。

f:id:alu_nagara:20150731005409j:plain

f:id:alu_nagara:20150731011654j:plain

部屋の欄干。

f:id:alu_nagara:20150731005511j:plain

階段の曇りガラスにも細かい細工

f:id:alu_nagara:20150731011315j:plain

ここから展示の様子を。

江戸切子のあかり

f:id:alu_nagara:20150731011351j:plain

看板やポスターにあった、青森のねぶたのあかり

f:id:alu_nagara:20150731005646j:plain

500個もの江戸風鈴が並ぶ空間

f:id:alu_nagara:20150731005720j:plain

f:id:alu_nagara:20150731012038j:plain

和紙のあかり

f:id:alu_nagara:20150731005857j:plain

f:id:alu_nagara:20150731011257j:plain

衝立を月の光が照らします

f:id:alu_nagara:20150731005921j:plain

壁に掛けられたあかり

f:id:alu_nagara:20150731010039j:plain

提灯のあかり

f:id:alu_nagara:20150731010131j:plain

f:id:alu_nagara:20150731011727j:plain

ちょっと変わった、金魚ちょうちんのあかり

f:id:alu_nagara:20150731010148j:plain

f:id:alu_nagara:20150731011235j:plain

廊下も、展示がされている部屋も、本当にどれも素敵で、もうずーっとここに居たいくらいの素敵な空間でした。

広告



本日のまとめ

本当にすてきな空間で、しかも写真撮影ができるという、貴重な体験をさせていただきました。

8/9までの開催です。

是非この空間に足を踏み入れてみてください。

スポット詳細

目黒雅叙園

 

和の明かり×百段階段展

2015年7月3日(金)〜2015年8月9日(日)

開催期間:

日曜日~木曜日 10:00~18:00(最終入館 17:30)
金曜日・土曜日 10:00~19:00(最終入館 18:30)

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事