「東京スカイツリー 展望台」まだまだ行列必至!東京の名所といえば、やっぱりここ!(前編)

広告

スカイツリーがオープンして3周年。

今回都外の友人が上京してきて、スカイツリーに行くというので、便乗して初めてスカイツリーに昇ってみました。

スカイツリーの入場について

全長634mの、東京の新名所にもなった「スカイツリー」。

「東京スカイツリー天望デッキ(350m)」「東京スカイツリー天望回廊(450m)」の2つの展望台があり、それぞれにチケットが必要です。
(東京スカイツリー天望回廊(450m)の入場券は、天望デッキフロア350チケットカウンターで当日販売)

チケットは当日購入する方法と、インターネットでの予約、セブンイレブンでの時間指定の購入、があります。

当日券は、混雑している土日の場合は、整理券が配られます。

ちなみに、私が行った土曜日の11時頃に配っていた整理券は15:30~のもの。
時間によっては、整理券を得るためにもかなり並ぶとのことです。

当日券の方が安いのですが、このようにいつに入場できるかわからないのと、行列が必至なので注意です。

インターネットとセブンイレブンでの予約の場合、日付と、時間の両方を指定する必要があります。

入場できるのは指定時間から30分までの間。
例えば、5/30 11:30 の券を購入した場合は、5/30 11:30から12:00までの間のみ入れる形になります。

時間に余裕を持って来場しましょう。

いざ、スカイツリーへ

では、スカイツリーへ向かいます。

ソラマチの4階に当たる所が入場口になります。

真下から見上げると、こんな感じ。

f:id:alu_nagara:20150602223218j:plain

ここだけでもテンションあがります!

こちらが事前予約の入場口です。

f:id:alu_nagara:20150602223243j:plain

入場券の引き換えカウンターにも行列です。

f:id:alu_nagara:20150602223256j:plain

入場チケットがコチラ。

f:id:alu_nagara:20150602223319j:plain
入場券の写真の種類が違っていて、こういうちょっとした配慮も嬉しいですね。

ドキドキしながら、入場口まで向かいます。

f:id:alu_nagara:20150602223344j:plain

出発ゲートはまるで飛行機の搭乗ゲートのようでした。

広告



展望デッキまでは

展望デッキまではエレベーターで昇ります。

こちらがエレベーターホール。
ちょっと宇宙的な空間。

f:id:alu_nagara:20150602223420j:plain

エレベーターは「春夏秋冬」の季節の名前が付いていて、内装もそれぞれ違います。

行きは「春」のエレベーター。

f:id:alu_nagara:20150602223447j:plain

帰りは「秋」のエレベーター。

f:id:alu_nagara:20150602223507j:plain

展望フロアまでは、わずか50秒で到着します。

和風の空間に、ここは宇宙的です。

f:id:alu_nagara:20150602223524j:plain

そしてエレベーターを降りると、そこには・・・

後編に続きます!

本日のまとめ

生まれて初めての体験をさせていただきました。

展望フロアに昇るまでにも、ドキドキワクワクする空間が迎えてくれて、更にテンションがあがっていました。

スポット詳細

住所:東京都墨田区押上1-1-2
展望台営業時間:8:00~22:00(最終入場21:00)

<チケット料金>    
大人(18歳以上):
事前日時指定券:2,570円
当日券:2,060円
    
中人(中学生/高校生 12~17歳):
事前日時指定券:2,060円
当日券:1,540円

小人(小学生 6~11歳):
事前日時指定券:1,440円
当日券:930円

幼児(4~5歳):
事前日時指定券:1,130円
当日券:620円

ランキング参加中です。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事