「山形正宗 夏ノ純米(山形)」名刀正宗の如く、キレがあり 爽快感が堪らない日本酒 [オススメ夏酒シリーズ2]

広告

夏でも普通に日本酒を飲んでいる私ですが、やはり夏だけに飲める日本酒は最高ですよね。

夏酒シリーズ その②ということで、今回は山形県のお酒、「山形正宗 夏ノ純米」をご紹介です。

水戸部酒造について

山形県天童市にて、1898年(明治31年)に創業、「山形正宗」を醸す蔵元です。

山寺を源とする立谷川の伏流水と地場産米を使い、五代目蔵元と7名の蔵人が毎冬手造りで醸造。
豊かな米の旨みがあり、銘刀正宗のようにキレのある酒、を目指されているとのことです。

ちなみに、こちらでは「槽(きぶね)搾り」という方法で搾りを行っています。
木枠の中に、もろみの入った酒袋を入れて、積み重ねて搾って行く方法で、機械で搾るよりも、圧が弱いので雑味のないお酒が搾れるそうです。

お酒について

夏に合わせて作られた純米酒。

f:id:alu_nagara:20150626001231j:plain
夏酒らしい爽快感がありつつも、まろやかな旨味もしっかり残っています。
この爽快感と旨味のバランスが絶妙。
後味はすごく爽快です。

他の酒造さんの「夏酒」と言われるものよりは、やや濃いめな感じですので、キンキンに冷やして飲む方がオススメ。

広告



合わせる肴は

この爽やかさに合わせるのに、夏野菜もいいかな、と思って、珍しくお野菜を、ということで、お漬け物。
この塩気がお酒の旨味を引き立ててくれて、爽快さが塩気の後味を流してくれます。

f:id:alu_nagara:20150626001302j:plain

あとは、ローストビーフのような、赤みのお肉にも合いそうでしょうか。

f:id:alu_nagara:20150626001343j:plain

本日のまとめ

「夏」を感じられる花火のラベルもおしゃれ。
ただのスッキリと爽快、だけではなく、日本酒っぽさをしっかりと感じられるお酒でした。

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

夏酒も梅酒もオススメです

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事