映画「ギャラクシー街道」 ハッピーで笑いが随所に盛り込まれたエンターテイメント映画でした!

広告

10/24に公開になった、映画「ギャラクシー街道」を見に行ってきました。

ということで、映画レビューな・・・というか、感想的なものを書いてみます。

 ネタバレは無しなので、気軽に読んでください。

映画の感想

三谷さんのお話しは、テレビではよく拝見していましたが、実は映画をちゃんと見るのは初なので、レビュー的におかしかったらご了承を。

f:id:alu_nagara:20151029010847j:plain

えっと、西川さんファン的にいうと、西川さん演じる「ズズ」は、前半はちょいちょい見所が満載です。
端っこの方に映るズズの可愛さには、映画館でなければ、ゴロゴロ転がりたいくらいです(転がってませんが…)

「歌が上手い」という役どころだけあって、最後のオイシイ所でその歌声を存分に披露してくれます。

<多分西川さんファンではない、一般の方が終わった後に「西川さんがオイシイ所持っていきすぎ・・・」と言ってたくらいです。
スイマセン…(笑)

劇中歌の歌がまた絶品です。

そして、個人的には、心配していた西川さんの演技の部分が少なくてよかったです(笑 ファンじゃない言い方っぽいですが・・・)

以上、西川さんファンとして。

一つの映画としての感想。

お話は単純ですが、途中で飽きてしまうような感じもあり。
今色々なテレビの映画宣伝で、「感動の所なし、笑いだけ」と言ってましたが、割と笑いも少ない感じ。
クスクス笑いが何ヶ所かでおこる程度ですかね。

キャラクターたちが濃くて、そのストーリーがいくつか集まって物語が紡がれているんですが、それを一本の映画にしているので、どれも物足りなさがあるのかもしれないです。

いい意味で、アメリカの古いB級映画。

内装などにはお金かけてるようなのに、いたる箇所に低予算に見える仕上がりが、本当に面白いです。
特に一番盛り上がる最後のあたりのチープさがすごく楽しいんですが…。
小ネタは満載ですが、わからない人にはわからない感じ(というか、お子様にはわからないかと・・・)

ということで、出てくる俳優さんが好きな方は、新しい&面白い面がうまく引き出されていると思いますので、見に行ってみるといいかと思います。

本日のまとめ

映画館に行くのは、なんと7年ぶりでした(笑)

色々な酷評もあるようですが、B級映画が的なノリで見たら、楽しいと思います。

個人的には、山本耕史さんと小栗君の役どころが好きでした!

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事