横浜中華街「媽祖廟」たくさんの神様を祀っている横浜屈指のパワースポット[2015年3月 横浜中華街ぶらり旅 その3]

広告

中華街の名所は、食事やマッサージだけではありません。
中華街には二カ所のパワースポットがあります。

それが「横濱媽祖廟」と「関帝廟」。
こちらで運気をチャージしてしまいましょう!

本日は「横濱媽祖廟」のご紹介です。

「横濱媽祖廟」って

「媽祖」とは「天上聖母」「天后」とも呼ばれる、およそ千年前に実在した方です。

彼女は神様から神通力を授かっていて、その力を駆使して、沢山の人々の病を癒し、悪や災いをしりぞけていました。

神に召された後も、人々は護国救民の神様として祀り、現在でも中国大陸・台湾はもとより、華僑が住む世界各地で信仰されている神様です。

f:id:alu_nagara:20150313221140j:plain

こちらの廟では、「媽祖」の他にも神様がいらっしゃいます。

媽祖・・・航海の安全、自然災害・事故・厄病の忌避
玉皇上帝・・・国泰平安
臨水夫人・・・安産    
註生娘娘・・・子宝
文昌帝君・・・学問
月下老人・・・縁結び    
福徳正神・・・金運招財・財産安全

きっと、自分のお願い事を聞いてくださる神様がいらっしゃるでしょう。

f:id:alu_nagara:20150313221249j:plain

今日のまとめ

こちらの廟では、外でお参りする際には、特に拝観料なども必要ないので、気軽に立ち寄れるスポットです。

建物も本当に素敵なので、観光だけでも立ち寄ってみると楽しいですよ。

広告



スポット詳細

中国の占いついて知るならこちらも

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事