「瀬戸大橋タワー」瀬戸大橋を見下ろせる絶景スポット 360度回転&上下にゆっくりと移動するタワーがすごかった![2015年7月 四国旅行記 その7]

広告

瀬戸大橋を見る為「瀬戸大橋記念公園」にやってきた私と友人一行。

f:id:alu_nagara:20150803181627j:plain

公園内でひときわ目立つタワーにビックリ。

瀬戸大橋タワーについて

「瀬戸大橋記念公園」と同様、「瀬戸大橋博覧会」の際に、アミューズメント施設として建設されたのがこの「瀬戸大橋タワー」。

f:id:alu_nagara:20150803194449j:plain

現在は、県が管理する公園とは別に運営されているそうです。

タワーの高さは132m。

展望キャビンは回転しながら昇降し、最大の高さは108m。360度の景色を眺められる回転式展望塔で、展望室部分が回転しながら昇降するタイプでは世界一とのこと。世界一とあれば、行くしかないですよね。

f:id:alu_nagara:20150803194435j:plain

ということで、チケットを購入し、早速タワーへと向かいます。

 

広告



 ■キャビンからの眺め

キャビンは全面ガラス張り。

椅子がズラリと並んでいます。

中はクーラーが設置されていて涼しくて快適!

夏でも冬でも安心です。

2分で一回転しながら、どんどんと上昇。

まずは、公園側の風景。

f:id:alu_nagara:20150803194516j:plain

この高さでも既に車が小さく見えます。

そして目の前に広がる、瀬戸内の風景。

f:id:alu_nagara:20150803194532j:plain

この海の向こうに、本州があるのですね。

f:id:alu_nagara:20150803194543j:plain

f:id:alu_nagara:20150803194810j:plain

そして瀬戸大橋側の風景。

f:id:alu_nagara:20150803195149j:plain

目の前を遮るものがないので、ダイレクトに橋や海が目に入ります。

f:id:alu_nagara:20150803194850j:plain

頂上からの景色がこんな感じ。

ずーっと先まで見ることができます。

f:id:alu_nagara:20150803194733j:plain

キャビンは頂上で3周ほどしてくれるので、「あ〜!あそこの風景を撮り損ねた!!」と思っても安心!嬉しい配慮ですよね。

私は、最初の1周半はカメラで、そして残りは肉眼でじっくりと堪能することにしました。

頂上を回った後は、ゆっくりと下降。

こうしてみると、ちょっと下がっただけでも、風景が全然違います。

f:id:alu_nagara:20150803194916j:plain

所要時間わずか10分ではありましたが、本当に凄く素敵な体験でした。

料金はちょっと割高感はあるかもしれないですが、これは全然元が取れるんじゃないでしょうか。

こんなに瀬戸大橋を間近に感じられるスポットは多分他にはないはず!

讃岐うどんの食べ歩きの途中に、是非足を伸ばしてみてください。

本日のまとめ

瀬戸大橋を間近に堪能できる絶景のタワー。

「登ってよかった日本のタワーのランキング」で6位ということもあったそうです。

連休の中日でありましたが、人がほとんどいなくて、すぐに乗れた&キャビンも空いてる(私たちグループともう1組だけだった)状態なのも、個人的にはオススメポイントだったりします(笑)

こちらも合わせてどうぞ!

 

 スポット詳細

瀬戸大橋タワー

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事