暑い時期は生酒をオンザロックで!今市場に出回っている生酒の美味しい飲み方はコレ

広告

じめじめムシムシのこの季節。
せめて飲むお酒だけは、夏っぽくスッキリといきたいですね。
ということで、今回は日本酒の「生酒」の美味しい飲み方を書いてみます。

生酒とは

そもそも「生酒」とは。

通常はの日本酒は、大体1度ないし2度ほど加熱処理をして、殺菌を施しているのですが、製造からお店に並ぶまでに、一切の加熱処理をしていないお酒の事を「生酒」といいます。

当然出来立てのフレッシュ感が味わえるのですが、搾りたてのお酒は、麹などもまだ若い状態で、どこかトゲトゲとした荒々しさが残っています。

そうした冬から春に搾られたお酒を寝かせておくことで、夏を迎える頃には、その荒々しさが取れてまろみを帯びたお酒になります。

なので、丁度この時期ぐらいから「生酒」というラベルの貼られたお酒が、数多く出回る訳です。

爽やかな香りと口当たりのやわかさが特徴です。

夏の生酒の飲み方

生酒のタイプは色々。

しっかりとしたものもあれば、さらりと飲めるものもあります。

どちらもこの時期は冷やして飲むのがオススメ。

冷蔵庫でキンキンに冷やしても、冷凍庫に入れてちょっとシャーベット状にしても美味しいんです。

f:id:alu_nagara:20150707220755j:plain

そして、私がオススメするのは、こうした生酒をキンキンに冷やしてから、オンザロックでいただく事。

f:id:alu_nagara:20150707215542j:plain

生酒の香りは生かしながら、喉越しも爽やかに変身します。

軽くグラスを揺らして、ちょっとずつ氷の解かして飲むのがポイントです。

広告



カクテルにも

女性にオススメなのは、氷を入れた日本酒に、果汁を加えて、カクテルみたいに飲む事。

焼酎や洋酒などで割るのと同じように、果汁や100%ジュースを加えます。

色々レシピはあるのですが、この時期に爽やかに飲むのにオススメは、グレープフルーツ。

氷を入れたグラスに、日本酒とグレープフルーツを1:1位で混ぜるだけ。
軽く混ぜると、お酒と綺麗になじんでくれます。

ソルティドッグ風に、グラスの淵に塩を少々…なんていうおしゃれな飲み方もいかがですか?

本日のまとめ

夏らしい日本酒の飲み方を書いてみました。

ちなみに、ちょっと味が苦手かも・・・というお酒も、料理酒にする前に、一度ロックにしてみると、意外に大丈夫な場合も?

よければ、晩酌にいかがですか?

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

キリリと爽やかなお酒でオススメです!

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事