「イナズマロックフェス2018」1日目 会場の様子をレポート![イナズマロックフェスレポ その1]

広告

今年でなんと10回目を迎えた「イナズマロックフェス」。

「関西最大級の野外フェス」として、地元とファンだけでなく、音楽シーンにも定着してきました。

そんな「イナズマロックフェス2018」1日目のフリーエリアの会場の様子を最速レポート。

無料で入れるフリーエリアも充実

まず迎えてくれるのが、こちらのメインゲート。

今回は2つのゲートがあります。

小さめのゲート。

朝一はまだパラパラと雨が降っている状態でした。

こっちがメインゲート。

今年はちょっと豪華(笑)

これは昼間に撮ったので青空です。

そして、フェスといえば、フード。

25店舗が揃います。

このイベントに先駆けて「イナズマフードグランプリ」というイベントが開催されており、その上位店舗が並ぶのがイナズマの特徴。

それ以外にも、滋賀県内のお店がずらりと並びます。

有名店もあり。

滋賀の名物といえば、サラダパン。

今年はこのイナズマのためだけのサラダパンが登場しました。

レインボーサラダパンです。

そして、イナズマロックカレーのブースも。

そして、イナズマのもう一つの名物(?)。

ゆるキャラもお出迎えです。

我らがマスコットのタボくんも。

滋賀県をPRするブースももちろんあります。

本日のまとめ

まだまだ見どころ満載の「イナズマロックフェス2018」。

また、レポートをしまーす。

広告



イナズマロックフェス詳細はこちら

 

滋賀を観光するならこちら


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事