郡山「シーズナルダイニング スプーン」たっぷりの野菜とシーフードが入った、郡山新ご当地グルメ「グリーンカレー」が絶品![2016年10月 郡山・白河旅行記 その3]

広告

郡山のご当地グルメって何か知っていますか?

郡山は農業地帯で、郡山で取れた野菜を家庭料理の代表格であるカレーでPRしようと誕生した新ご当地グルメが「こおりやまグリーンカレー」なんです。

その趣旨に賛同した飲食店などで、郡山グリーンカレー愛好会を結成し、各店舗がそれぞれ特徴的なカレーを提供しているそうです。

その新ご当地グルメである「グリーンカレー」を食べに「シーズナルダイニング スプーン」さんに行ってきました!

お店について

郡山駅から徒歩5分ちょっと。

郡山ビューホテルアネックスの1階にお店はあります。

ホテル内にありますが、もちろん宿泊客以外も利用が可能です。

グリーンカレーだけでなく、洋食や和食などいろいろなメニューがあるんです。

ホテルのレストランということもあり、テーブルにはテーブルクロスが敷かれていて、ワンランク上の上品さが感じられます。

カトラリーもオシャレなんです。

ランチメニューについて

今回はランチにお邪魔しました。

ランチメニューはこんな感じ。

アラカルトのメニューに、「こおりやまグリーンカレー」があります。

今回は閉店間際だったのもあり、時間がなかったのでパスしましたが、アラカルト料理に+500円でフルーツ&サラダバーをつけることもできます。

写真だけ撮らせていただきました。

さすが、農業地帯ということで、新鮮なお野菜やフルーツがずらりと並んでいます。

ちなみにこちらのケーキなどのデザートも食べ放題。

どれもこれも美味しそうです。

ランチのアラカルトメニューには、コーヒー紅茶が付いています。

紅茶はティーバッグですが、いろいろな種類があり、飲み放題。

こちらはレモンスカッシュ。

レモンスカッシュとカレーってなんか昔のお子様メニューみたいな感じがするのは私だけですかね。

広告



いただいたものはコチラ

ということで、やはり本日は名物の「シュリンプグリーンカレー」を選びました。

グリーンカレーというと、タイ料理のあのサラサラとしたグリーンカレーのイメージがありますが、「こおりやまグリーンカレー」は、あくまでも日本のあの家庭的なカレーがベースになっています。

ここスプーンさんのグリーンカレーは、8種類のスパイスを使っていて、ほうれん草のペーストがたっぷり入っているものになります。

ほどなくして、ライスとナンが乗ったお皿が登場。

スプーンにのっているのは「チャツネ」。

味を変えたい時にお好みでどうぞとのこと。

「ホテルのカレー」的に、別のカトラリーに守られてカレーが登場です。

見た目はちょっと不思議な感じですが、エビやイカなどシーフードがたっぷりと入っています。

お野菜も小さめにカットされているので食べやすい。

ズッキーニやパプリカ、ナスなどが入っています。

これもちょっと普通のカレーっぽくなくて珍しい。

味は、スパイスの香りはあるものの、辛さはマイルド。

普通の家庭用カレーの甘口と中辛の間くらいという感じでしょうか。

カレーにはこれ。

福神漬けやらっきょうもちゃんと用意されていました。

カレーの風味があるのに、マイルドな味。

誰にでも楽しめる一品です。

本日のまとめ

郡山新名物の「グリーンカレー」。

野菜がふんだんに使われた、マイルドなカレーは、郡山を訪れたら是非食べたい一品でした!

ディナータイムでもグリーンカレーは食べられるみたいですよ。

店舗詳細

関連ランキング:ダイニングバー | 郡山駅

こんな名物も食べてます

「会津食彩蔵河内屋」レトロな建物で会津名物のボリューム満点「ソースカツ丼」が食べられるお店

「登利平」 「上州御用鶏めし弁当」が有名な老舗 うすくスライスした鳥肉と伝統のタレが絶妙 [2016年3月高崎ぶらり旅 その3]

「丸水 松山店」松山で宇和島鯛めしを食べるならココ!絶品の鯛めしと郷土料理が味わえるお店[2015年7月 四国旅行記 その5]

郡山グルメならこちらもチェック


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事