あれから6年

広告

あの地震から、今日で6年。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

そして、未だに避難されている方々が、1日も早く以前と変わらぬ生活となりますように。

あの日のこと

6年前。

私は、とあるソーシャルゲームの会社で働いていました。

新宿から地下鉄は動いていたのですが、他の帰れない人たちと一緒にいた方がいいということで、徹夜して、翌朝にウチへと帰りました。

翌朝、マンションのエレベーターは止まっていました。

8階まで階段でひーひー言いながら登って行き、玄関を開けると・・・。

玄関の目の前に置いてあった、炊飯器とか電子レンジなどが乗った棚が倒れていて、玄関は散乱。

仕方なく靴を履いたまま部屋へ進むと、テレビは倒れ、パソコンのモニターやら本棚も倒れていて、こちらもひどい状態。

誰も手伝ってくれないし、前日一睡もしてないからとりあえず寝ようということで、そのまま夕方まで寝続けたのを覚えています。

その後、その震災の影響とか色々あって、その会社のウチのチームは解雇になるわけですが、ここら辺から「(働き方とか遊び方とか全て含めて)生活するということ」みたいなのが、ちょっとづつ変わってきたわけですが、これはまた別に書いてみようかと。

本日のまとめ年を経るごとに、徐々に記憶というものは薄れてきます。だからこそ、毎年思い出す日にしたいな、と思ったのでした。

2016年に訪れたゆりあげの様子はこちら

「ゆりあげ港朝市」様々なものがズラリと揃う宮城を代表する活気ある朝市が凄かった!

「 日和山(閖上湊神社・富主姫神社)」閖上地区被災一帯を見渡す山にある神社と東日本大震災慰霊碑

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事