「小樽バイン」小樽や北海道産のワインがずらり!カフェタイムにはワインとチーズが楽しめます[2016年8月 札幌・小樽旅行記 その21]

広告

札幌・小樽をめぐる旅もいよいよあとわずか。

一緒に回っていた友人と別れ、どうしても訪れたかった場所があります。

小樽ワインや、北海道のワインを楽しめるお店「小樽バイン」のご紹介です。

お店について

お店は小樽運河にも近い、バス通り沿いにあります。

大通りを挟んで日本銀行小樽支店の斜め前になります。

なんといってもおしゃれなのが外観。

石造りの外観は、旧北海道銀行の店舗だったとのこと。

「元銀行(BANK)の建物」、お店を運営している「中央バス(BUS)」と「WINE」という言葉を掛け合わせてできた「BINE(バイン)」というのがこのお店の由来。

店内も、レトロな雰囲気が漂います。

ちなみに、ランチタイムとディナータイムには、ワインに合うパスタやピザ、おつまみなどのほか、ビールなども楽しめます。

そして、その合間のカフェタイムには、デザートとソフトドリンクのほか、ワインとチーズを手軽に楽しめるようになっているんです。

カフェタイムのメニューについて

カフェタイムは、食事メニューはなく、ワインとチーズのみの提供。

しかし、チーズの種類もこんなにたくさんあります。

値段も300円前後で、お手ごろなんです。

ワイン別のおすすめが並んでいるので、何がいいのかわからない場合にもよいですね。

どのチーズも北海道産のチーズとなっています。

おつまみや、フランスパンの器のチーズフォンデュも食べられるようです。

ちなみに、お酒の飲めない方には、デザートメニューもあります。

そして気になるワインは、小樽や北海道ワインがずらり。

ボトルだけでなく、どのワインにも、グラスやカラフェなど、気軽に選べるのが嬉しい所。

飲み比べセットもあるので、色々飲みたい人にもピッタリです。

市内限定のワインもあります。

広告



いただいたものはこちら

北海道ツヴァイゲルト&ニセコフロマージュ

セットになっているメニューは看板メニューだ!ということで、こちらをチョイス。

赤ワインはちょっと小さめの足の低いグラスで。

こんな風に、気軽に飲めるよう、ワインの味に応じて色々な形のグラスが用意されているとのこと。

ちょっと甘口の飲みやすいワインでした。

チーズもワインに合わせて、くどさがないさっぱりとしたタイプ。

そして、チーズを頼むと、スタッフさん手作りのこうしたチーズガイドももらえるんです。

小樽市内限定 木樽熟成葡萄酒

せっかくなので、小樽限定の白ワイン。

さっぱりとした味です。

十勝中札内カマンベール

白ワインに合わせてこちらを。

クリーミーですが、わりとさっぱりと食べられます。

このような感じで、ちょっとずつを色々楽しめるので、おひとりさまにも気楽に楽しめました。

ワインショップについて

レストランの隣には、ワインショップがあります。

小樽ワインは全部、それ以外にも北海道産ワインや、地ビール、チーズやハムなども買うことができます。

しかもワインは試飲可能。

飲み比べながらワインをチョイス。

私はボトル2本を購入し、手持ちで持って帰りました(北海道からなので、送料がちょっと高めなんですよね)。

「これから飛行機で帰るんです」

と言ったら、スタッフの方が

「では、割れないように、ちょっと丈夫に梱包しておきますね」

と笑顔で対応してくれました。

もちろん、割れることもなく、ちゃんとお家まで持って帰ることができました。

本日のまとめ

気軽にちょっと飲みが楽しめるカフェタイム。

一人飲みにもピッタリですよ。

ワインとチーズの組み合わせを色々楽で見るのも楽しいと思います。

店舗詳細

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 小樽駅

北海道旅行グルメはこちらも

「グルメ回転ずし 函太郎(小樽店)」函館の獲れたての新鮮なネタを気軽に食べたいならココで!

札幌「海鮮炉ばた 隠れ家(南6条店)」北海道名物満載!炉ばたで焼かれる海の幸&隠れ家的ムードも素敵な居酒屋

札幌「スープカリーyellow」 大きい野菜がゴロゴロ&骨つきチキンの迫力がすごい! 札幌名物を食べるならココ!

小樽グルメならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事