「高知県立坂本龍馬記念館」龍馬の書簡やゆかりの品々が並ぶ 龍馬をもっと知る事ができるスポット [2016年7月 徳島・高知旅行記 その12]

広告

徳島・高知旅行記。

去年に続き桂浜に再訪。

そして、桂浜へ行ったからには、ここも訪れなければなりません。

「高知県立坂本龍馬記念館」に再訪しました。

こんなコーナーができていました

館内の様子は、去年の記事を御覧ください

記念館の入口にはおなじみ「シェイクハンド龍馬」が出迎え。

20160923_001

またしっかりと握手を交わしました。

今回訪れた時には、「龍馬の文字で名刺を作ろう」というコーナーができていました。

20160923_002

龍馬の書簡からとった平仮名の文字がシール状になっているので、それを組み合わせて作るのです。

1人2枚までというので、早速作ってみました。

(右側は友人作)

20160923_003

右:にしかわたかのり

左:ながらある

となります。

うーん、龍馬の字で自分の名前を綴るって、なんかちょっと不思議な感じですが、嬉しいですね。

ぜひ試してみてください!

ちなみに、この館内には、龍馬の書簡が真物・複製を含めて多数あります。

その一つ一つを眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎていってしまいそうです。

20160923_009

こちらは真物。

龍馬暗殺の2日前に書かれたとされ、現存する中では、生前最後の書簡とのこと。

館内にはあの刀剣も

館内の展示はほぼ前回と変わらず。

前回撮り忘れていた、あの刀剣ゲームでおなじみ、龍馬の愛刀とされている「陸奥守吉行」の兄弟刀が寄贈されているんです。

20160923_004

同じ名前ではありますが、残念ながら龍馬の愛刀ではなく、同じ刀工が作ったもの。

兄弟刀といっても過言ではないですよね。

本物は、 京都国立博物館にあるので、こちらも見てみたいもの。

近江屋を再現したスペースにも、欄間に飾られているのが吉行です。

20160923_006

何度来ても、新しい発見も感じられるこの記念館。

一度じっくりと時間をかけて眺めてみたいですね。

記念館の屋上展望台から眺めた桂浜も、また絶景でした。

20160923_008

広告



本日のまとめ

龍馬について、色々学ぶことができるこの記念館。

2017年4月から改修工事に入るため、現状のものを見るなら早いうちがいいですよ!

是非龍馬の息吹を感じてみませんか。

スポット詳細

高知旅行記はこちら

高知「旬彩 卓」藁焼きカツオのタタキは必食!高知名物料理もお酒も絶品!

「リッチモンドホテル高知」 高知名物の「カツオの漬け丼」が超絶品のモーニングがオススメ

高知「土佐茶カフェ」ゆったり空間で 色々な土佐茶とスイーツがお手軽価格で楽しめるお店

高知「桂浜」坂本龍馬も愛した どこまでも広がる青い海 前回のリベンジで青い海を見られました

龍馬について知るならこちらも


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事