「イナズマロックフェス2日目」フェス8年目にして、はじめて途中中止となった日

広告

「イナズマロックフェス2016」の2日目。

前日の夜中から雨が降り続き、明け方や、朝の時点では結構音を立てて降っていました。

ホテルからの空。

どんより。

20160919_005

しかし、開場時間になると、空はどんよりですが、傘がなくてもよいくらいの状態に。

20160919_002

「お?これはこのままイケるのでは?」

と会場の誰もが思っていたかもしれません。

フェスを楽しむのはモットーの私。

朝ごはんもフェス飯です。

20160919_003

オフィシャルフードの「イナズマロックカレーパン」。

同じくオフィシャルフードの「イナズマロックカレー」が中に入っています。

お野菜やお肉がゴロゴロしていてボリューム満点。

ビールはオプションです。

が、この辺りから、ときどき雨が強烈になったり、強い風が吹いたり。

20160919_001

雨の中でも頑張って売ってるたこ焼き屋。

20160919_004

カリカリふわふわのたこやきで美味しい〜〜!

ちなみにマヨネーズは抜きです。

20160919_006

しかし、これがこのフェスでの最終ご飯。

メインステージである雷神ステージで、HKT48のステージの頃は、雨が若干弱くなっていたものの、「ゲスの極み乙女。」が始まる頃にはまた雨に。

どんどん雨脚が強まってきて、一番後ろのシートエリアのあたりだと、雨でステージ上がみえなくなるくらい。

ざーざーと降りしきる雨に、時折稲光が瞬く時もあったものの、終了。

そのあとの、ステージ転換の間の芸人パフォーマンス「さらば青春の光」さんがネタを披露しているんですが、雨の音で全く聞こえない・・・。

その間にも、雨は土砂降り。外に出る方も殺到して出られない状態。

ステージのモニターには「雷雨のため一時中断しています」というアナウンスが表示され、FM滋賀の井上麻子さんが

「ステージエリアは避雷針で守られているため安全です。

外に出ず、その場でしゃがんでください。

傘はささないでください。」

というアナウンス。

当初「17:30の時点で、中止か続行かを発表する」としていたようですが、降り続く大雨も雷もあり、17:15に、中止が決定。

ステージに西川さんが出てきた時点で、「ああ〜もう中止決定か・・・」と誰もが思ったかと・・・。

かくして、大雨の中、シートエリアの周りの人と、ずぶ濡れでヘロヘロ状態なのに、

「お疲れ様でした〜」

「また来年〜」

「風邪ひかないようにね〜」

と言い合いながら、ライブエリアをあとにしたまでは良かったのですが・・・。

そこからも、結構大変なことになり、雨は全然止まないし、タクシーも全然来ない。

しかし、ようやく来てくれたタクシーの運転手さんは本当に良い人で、中止になったと聞いたとたんに、会場まで来てくれ、何度も往復をしてくれたという人。

ずぶ濡れのゴミ袋に入った荷物をトランクに入れる際に、ゴミ袋を外そうとしたら

「ええから、そのままでええから。あとで捨てたらええし。」

と言ってくれ、タクシーに乗り込んだら

「大変やったな〜。お疲れさん。」

という言葉をかけてくれて。

ちょっとしっとりとしたシートは、何度も私たちのような人を運んでくれた証拠。

本当にありがたかったです。

過去、色々なフェスが、一度は雨によって中止になったり、時間を短縮したりということに見舞われています。

そういう年だったんだな〜と、しみじみと思いました。

この日、フリーエリア合わせての来場者は、こんな天候にもかかわらず、過去最高の6万人だったとのこと。

フリーエリアが人で溢れて全然進まない!!という状態がその入場者数を物語っていました。

また来年、琵琶湖畔でお会いできることを祈って。

滋賀の名物ならこちら


The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事