フェスで電子マネーが使えると本当に便利だった!イナズマロックフェスのフードエリアでnanacoを使ってみた![音楽・ライブ]

広告

滋賀県琵琶湖畔で行われている「イナズマロックフェス2015」。

今年からフードエリアとドリンクバーで電子マネーが使えるようになりました。

とっても便利だったので、その様子をお伝えします。

 

あの機械が・・・

今回、フードエリアのお店すべてに1店舗につき1台が設置されていました。

 

ここでは使える、使えないという区別がなかったので、安心して買い物をすることができました。

 

お店にはおなじみのこのポップと

f:id:alu_nagara:20150920004250j:plain

 

この機械が設置されています。

f:id:alu_nagara:20150920004258j:plain

 

あとは支払いの際に「nanacoで!」とか「PASMOで!」とかを店員さんに伝えて、「シャリーン」となるまで軽くタッチをすればOK!

 

とにかく便利だったのは、小銭の出し入れがなくなったこと。

財布をバックから出す→小銭を出す→お釣りが必要であればお釣りを受け取って→お釣りを財布に入れて→財布をバックにしまう

という一連の流れが少なくなったこと。

 

私はバックに、パスケースをくっつけて使っていました。

f:id:alu_nagara:20150920004516j:plain

これなら、電子マネーカードの出し入れもしなくていいのですごく楽です。

 

ただ、お店の方が使い方に慣れていなかったりする場合があり、値段を間違えたり・・・ということもありました。

 

また、お店の方としては、いちいち電子マネーの機械に金額などを入力する手間もあるので、お会計にかかる時間からすれば、わずかな時間短縮…かもしれません。

 

また、今回、HPなどでも大々的に「電子マネーが使用できます」と記載はあったのですが、意外にも使ってる人が少なかったような感じもありました。

 

ここらへんの改善点がうまくいけば、もっとお互いに快適にやりとりできそうですよね。

 

本日の結論

買う方としては、本当に便利な電子マネーでの決済。

是非、今後はイベントとかフェスとかでも使えるようになってほしいなと本当に思いました!

 

「イナズマロックフェス2015」1日目の会場の様子のレポはこちら!

alu-nagara.hatenablog.jp

 

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事