日本酒が余ってしまったら…?そんな時にオススメな日本酒の活用法(料理編 その2)

広告

余った日本酒の活用法 その2。

まだまだ料理に使う方法をピックアップしてみます。

f:id:alu_nagara:20150903002649j:plain

その1はこちらです。

 

その6 お肉の下ごしらえに使う

f:id:alu_nagara:20150902225937j:plain

日本酒のアルコールがお肉の繊維を柔らかくしてくれます。

例えば唐揚げの下ごしらえ。

日本酒をお醤油や生姜などの調味料を混ぜ合わせ、揉み込んでから唐揚げ粉をまぶして揚げてみてください。

その7 煮込み料理に利用

肉じゃがや、ふろふき大根などの煮込み料理に入れます。

入れる場合は、みりんの量を減らすといいかと思います。

そういえば、日本酒一升プラスお醤油1カップに豚肉500gを入れて、ぐつぐつ煮込む豚煮込みっていうのもみたことあります…。

広告



その8 カレーに加える

ハッシュドビーフには赤ワインがいいんですが、カレーは意外に日本酒を入れると美味しいんです。

ちなみに、その7の煮込みもですが、しっかりとした味わいの生酒とか純米酒がオススメ。

その9 焼きそばに入れる

f:id:alu_nagara:20150903002639j:plain

焼きそばの麺をほぐす時に、小さじ1杯程度入れると、麺がふっくらとします。

入れすぎると水っぽくなってしまいますので注意です。

ちなみに佐々木俊尚さんが焼きそばの美味しい作り方を公開してるので、この通り作るといいと思います。

【連載】『家めしこそ、最高のごちそうである。』 レシピ②:スーパーで売っている「焼きそばセット」を美味しく食べるすごい秘訣 – HONZ

このレシピの最初の麺を炒めるところで、ほんのちょっとだけ日本酒を加えるのが長羅流です。

その10 美酒鍋/酒鍋にする

f:id:alu_nagara:20150903002624j:plain

美酒鍋とは、加茂鶴という酒蔵さんが発祥の鍋で、豚バラ肉や鶏肉、野菜をたっぷりの日本酒と塩・胡椒で炒め煮したものとのこと。

加茂鶴さんの美酒鍋レシピはこちら

また、このほかにも全国各地にお酒で炊いた鍋があるようですね。

味付けは、塩と胡椒のシンプルなものがいいようですね。

今年の冬は是非試してみようかと思います。

本日のまとめ

ということで、余った日本酒の活用法その2でした。

その10以外は、私もがっつり活用をしています。

是非試してみてください!

日本酒の美味しいお店のレポはこちら

【日本酒】美味しい粕漬けには美味しい日本酒!浅草「銀鯱」でしっぽり

【日本酒】美味しい日本酒も揃ってます!「はれ晴れ 横浜店」で美味しい日本酒でしっぽりしてみた!

日本酒をサクっと一杯! COREDO室町の「八海山 千年こうじや」で日本酒をいただいてみた!

飲んだ後のシメに蕎麦ならココ! 新丸の内ビルの「ソバキチ」でアツアツとろ〜り出汁の「夜鳴きそば」を食べてみた!

ブログランキングに登録しています。よければポチって下さい!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

日本酒について学ぶならこちら

 

The following two tabs change content below.
長羅ある

長羅ある

モバイルサイトデザイナー&唎酒師。 日本酒好きが嵩じて、2016年2月に唎酒師の資格を取ってしまいました。 美味しい日本酒、グルメ、スイーツ、国内旅行、音楽(T.M.Revolution)を中心に、日常にちょっとでも潤いを与えられたら・・・という思いで書き綴ります。
アドセンス

広告

この記事が面白かったらシェアお願いします!

関連記事